« ヨルムンガンド PERFECT ORDER(最終話:第12話) | トップページ | ToLoveる-とらぶる-ダークネス(最終話:第12話) »

めだかボックス アブノーマル(最終話:第12話)

▼最終話
11話で本編の方は実質最終話だったのか。そう考えると、これ以上ないくらいの煽りでストーリーが尻切れになってるわけで、まぁこの先もありますよ!という意味だと理解するか。

その煽りを演出してくれた球磨川[ CV:緒方恵美 ]のエピソードが、今回の最終話なんだけど、これが意外と面白い。話の展開の仕方とか、動き以上に圧倒的なセリフの量とか、むしろ本編よりもこっちのほうがずっと西尾維新らしさを感じられるな。

しかし、球磨川の後ろにはさらに安心院さん[ CV:水樹奈々 ]まで控えてるとなると、めだか[ CV:豊崎愛生 ]がこれまで戦ってきた相手が、急に大したことなく見えてくるから恐ろしい・・。

▼バトルメインのストーリーに
1期ではめだがが生徒会役員を集めていくっていう、いわば冒険に旅立つ勇者のお約束があったんだけど、その仲間も集まった今、やはりストーリーの中心はバトルになってくるわけだ。バクマン的に言えば、この作品は邪道バトルか?

バトル展開自体は取り立てて可も無く不可も無くなんだけど、俺はやっぱりめだかの強さの演出が最後までしっくりこなかった。結局、相手が変わると新しい技を相手から修得してってパターンになるんだけど、どうにもそれがワクワクしないんだよね。やっぱりバトルには高揚感とワクワク感が欠かせない。

▼キャラも増えてきたけれど
あまりに登場人物が多くなると、俺の場合はキャラが覚えられずに苦労するわけだ。1期からのキャラクターと、そしてこの2期から登場したキャラクターでかなりメンツは増えたけど、まぁこれだけくせ者ばっかりだったら、さすがのおれでも覚えられるわ(笑)。

どうしても「めだかがフラスコ計画と戦う」っていう主題になっちゃったから、他の生徒会メンバーの影が猛烈に薄かったのは残念だけどね。いや、端的に言えばもがな[ CV:茅野愛衣 ]の出番が少なすぎ!ってことなんだけどさ(笑)。

▼独特の作画も慣れれば
2期ってこともあるんだけど、この作品の特徴的な絵柄にも、もうすっかり慣れた。そして1期以上に痛そうな展開が多くて、ちょっとしんどくなったくらいだ。一応、パンツたっぷりの少年漫画らしい作品なんだけど、残念ながら?この作画ではエロくはないな・・。

めだかボックス アブノーマル(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

|

« ヨルムンガンド PERFECT ORDER(最終話:第12話) | トップページ | ToLoveる-とらぶる-ダークネス(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56416934

この記事へのトラックバック一覧です: めだかボックス アブノーマル(最終話:第12話):

« ヨルムンガンド PERFECT ORDER(最終話:第12話) | トップページ | ToLoveる-とらぶる-ダークネス(最終話:第12話) »