« ROBOTICS;NOTES(第11話) | トップページ | ひだまりスケッチ×ハニカム(最終話:第12話) »

中二病でも恋がしたい!(最終話:第12話)

▼最終話
部室にいた凸守[ CV:上坂すみれ ]が、マジで最初は誰だか分からなかったわ!普通にしてればめちゃくちゃ美少女じゃないか。そしてそれ以上に強烈で素敵なお姿だったのが、くみん先輩[ CV:浅倉杏美 ]。先輩、中二病、似合いすぎです(笑)。

とくにくみん先輩には、勇太[ CV:福山潤 ]は大感謝だろうな~。勇太と六花[ CV:内田真礼 ]のお悩み相談所は、森夏[ CV:赤崎千夏 ]の専売事項かと思ってたけど、今回は先輩が先輩らしさを見せてくれたかな。

六花が父親の事を思いだして涙が止まらなくなる場面は、かなりグッと来たなぁ。とにかく自分の感情を一生懸命に中二病でフタをしようとしていた六花が、何のためらいもなく、心の底から"悲しい"って気持ちをあらわにしてるんだもんな~。これは堪える。

こんな感動的な最終話なのに、[ CV:保志総一郎 ]の不憫さは語るに堪えない(笑)。

▼懐かしい思い出?
作品の舞台が昭和だったりするわけじゃないけど、この作品には多くの人がノスタルジーを感じてしまうんじゃないだろうか?もちろん、俺もね。勇太や六花ほどじゃなくても、そして中学生のころじゃなくても、多くの人が空想で「こんな事が出来たら良いな~」とおぼろげに思っていたことがあるはず。

この作品はそういうところを実に上手く刺激してくるし、だからこそ笑って突っ込みながら楽しめるんだと思う。非現実の世界観を現実的に描くという、まぁ言葉にするとまどろっこしいけど、やっぱり六花や勇太、そして森夏と凸守がまるで赤の他人とは思えないからこそ、彼らに親近感を感じるからこその面白さだと思う。

▼強烈過ぎるキャラクター
六花はまぁ見た目からアレだ。そして凸守もその素養を感じさせる。ギャップに驚かされたのは、やっぱり森夏。最後までそちらの方面には関わって欲しくなかったくみん先輩も陥落(笑)。キャラクターの特徴、個性という点ではまぁ事欠かないね。

後半はそれを生かしつつも、ドタバタ日常コメディの世界観から一気に恋愛ドラマにシフト。六花や勇太が別の世界に行ってしまったようでちょっと寂しかったけど、最後は元の勇太に戻ってくれて良かった(笑)。このあと、間違いなく六花が部活を復活させて、またあの騒々しいどうでも良い日常が戻ってきてるのかな~とか想像すると、ついついにやけちゃうね。

▼安心の京アニ印
強烈な信奉者がいると、そこにはまた強烈なアンチが自動的に沸いてくるもんだけど、そんなアンチでも、京アニのテレビシリーズのクオリティは認めざるを得ないと思うね。いつも思うんだけど、よくこの質をテレビシリーズで作れるよな。

特にこういう「学園ドラマ」は京アニの十八番。教室の広さ、机の大きさ、それらと登場人物との大きさのバランス。実はこの辺って多くの作品がかなりいい加減だったりする。そこをきっちりとリアルなサイズで絵にしてくる京アニには、毎度のことながら感心させられるよね。

中二病でも恋がしたい!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:京都アニメーション

|

« ROBOTICS;NOTES(第11話) | トップページ | ひだまりスケッチ×ハニカム(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56370119

この記事へのトラックバック一覧です: 中二病でも恋がしたい!(最終話:第12話):

« ROBOTICS;NOTES(第11話) | トップページ | ひだまりスケッチ×ハニカム(最終話:第12話) »