« ひだまりスケッチ×ハニカム(最終話:第12話) | トップページ | 絶園のテンペスト(第12話) »

武装神姫(最終話:第12話)

▼最終話
なるほど、モニター製品ゆえの「バグ」ってことか。これはまた上手い設定で逃げたな(笑)。それにしても、あと1話しかないのにどうやってヒナ[ CV:茅原実里 ]神堂[ CV:神谷浩史 ]の所に連れて行かれた事を知るのかと思ったら・・・。

まさかポッチィ[ CV:喜多村英梨 ]タマミィ[ CV:橋本まい ]がこんなところで役に立つ日が来ようとは。理人[ CV:水島大宙 ]の元にあったあのハガキとか、イマイチ腑に落ちてないところもあるけど、最後のヒナの泣き顔で、全て丸く収まったって事で。

あとは10話のコメンタリーでキャスト陣が語っていた「理人の意外な事実」ってヤツ。この最終話で何かとんでもない事実が!と期待してたんだけど、どうやらTVオンエアの全12話の中では無く、オマケの13話の事っぽいな。残念ながら俺が見る事は無さそうだ。

▼ユーザ参加型の作品
放送が始まるまでこの作品のことは全然知らなかったけど、さっきも触れた10話でのコメンタリーを聞いて、ちょっと嬉しくなった。この作品が作り上げられてきた過程を考えると、このテレビアニメが頂点であって欲しくないなとも思う。

ストーリー自体は、ひたすらマスターラブな神姫を愛でているだけといえばそれだけなんだけど、そこには神姫のマスターへの愛と同じくらい、この作品を作り上げてきた人のいろんな気持ちが込められてるんじゃないかって思う。心理描写だったり、人の存在価値を問うかのような壮大なテーマは全くないけど、我が子の成長を見守るような、そんな母性愛を感じる作品だね。

▼人間味のあるフィギュア
言葉としては明らかに矛盾してるんだけど、単にマスターの命令を淡々とこなすお手伝いロボットじゃなくて、感情の起伏があるが故、この作品は面白いワケで。

とにかく4者4様なんだけど、俺はレーネ[ CV:中島愛 ]のひたすら楽観的でどこか抜けてるどころか、完全に全部抜けてるくらいのボケ倒しが実に面白かった(笑)。

▼敢えてメカ的に
いつもの神姫は2Dのアニメだけど、飛行中とかバトル中は3DCGで演出。3DCGもここまできたか!ってくらいに、2Dのシーンとの違和感がないんだよね。動きがなめらかすぎて違和感を感じることも少ないし、これはエイトビットの力量もかなり大きいと思う。

神姫の間接とか駆動部分のメカ要素を敢えて残していることも、この作品の作画のポイントだよね。人間じゃない"メカ"なんだけど、それを敢えて人間らしく動かす。その点においては丁寧な作品作りが印象的だった。全体的な作画、特にキャラクターのデザインのクオリティは、まぁテレビシリーズならこれが限界なのかな、という印象もあるけどね。

武装神姫(@TBS) / アニメーション制作:エイトビット

|

« ひだまりスケッチ×ハニカム(最終話:第12話) | トップページ | 絶園のテンペスト(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56370132

この記事へのトラックバック一覧です: 武装神姫(最終話:第12話):

« ひだまりスケッチ×ハニカム(最終話:第12話) | トップページ | 絶園のテンペスト(第12話) »