« となりの怪物くん(最終話:第13話) | トップページ | 新世界より(第13話) »

神様はじめました(最終話:第13話)

▼最終話
ミカゲ社のお祭りをあそこまで楽しみにしている人がいるとはな~。さすがの奈々生[ CV:三森すずこ ]も、あれを聞かされちゃあいつまでも「空気」って訳にもいくまい。

最終話ってことで、多少のシリアス展開は覚悟していたものの、ラスボス的な扱いのはずの土蜘蛛に巴衛[ CV:立花慎之介 ]が吹っ飛ばされたあげく、瑞希[ CV:岡本信彦 ]の笛は12話での予想通りに音が出ない(笑)。

思わず笑ってしまうような展開を織り交ぜつつ、最後は巴衛の超遠回しは告白?とも受け取れるセリフで終幕。キスに始まりキスに終わる展開と相成ったわけだ。

▼軽快なストーリー
最近はラブ"コメ"というよりも、リアルな恋愛ドラマという言葉がふさわしい作品が多いんだけど、この作品はそれとは明らかに路線が異なっていて、正統派の少女マンガのラブコメだと思う。

キャラクターの心情を深く描くとか、それに感情移入してのめりこむっていう作品じゃなくて、奈々生と巴衛の小気味よい会話のキャッチボールを楽しむ作品ってところかな。基本は1話完結のエピソードが多かったし、見終わった後に気が重くなるようなストーリーも無かったから、より一層"楽しむ"って印象が強かった。

▼対象年齢はやっぱり低め
1話の感想でも書いたけど、やっぱりこの作品は対象年齢のレンジがどちらかと言えば下の方にあると思う。登場人物を俯瞰するような、第三者の視点で俺は見てたかな~。キャラクターとしてはあみ[ CV:佐藤聡美 ]が好きだったんだけど、ほとんど出番無し(笑)。

▼丁寧かつ明るい絵柄
そのストーリーの雰囲気を反映しているかのように、画作りは全体を通して明るくて活発な印象。今どき珍しいくらいの少女マンガチックなキャラクター。巴衛以外はいつもみんなニコニコしてるから、凄く良い印象しか残ってないんだよね。

リアル系の作画ではないんだけど、背景とキャラクターのバランスとか、奈々生の服装とか、そのあたりはしっかりと作り込んであって、好印象だった。

神様はじめました(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

|

« となりの怪物くん(最終話:第13話) | トップページ | 新世界より(第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56408151

この記事へのトラックバック一覧です: 神様はじめました(最終話:第13話):

» 神様はじめました  全13話 [にきログ]
さて、こちらも今更ですが感想です 少女マンガアニメ化が今期は3本もありましたけど その中で一番王道的に感じたアニメでした 1話を見たときはむしろ悪い意味で90年代アニメのノリを感じたんですけど 最後まで見てみればある意味一番安定していたかなぁと そこらへんは大地監督だからかもしれませんけど... [続きを読む]

受信: 2013年1月 2日 (水) 15時02分

« となりの怪物くん(最終話:第13話) | トップページ | 新世界より(第13話) »