« 好きっていいなよ。(第12話) | トップページ | イクシオン サーガ DT(第12話) »

緋色の欠片 第二章(最終話:第13話)

▼最終話
鬼切丸を"封印"するのではなく、"消滅"させてしまう。珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]の心からの願いは、しかしこれまでの珠依姫が思いも付かなかった奇策だったんだろうか。少なくとも、ババ様[ CV:久保田民絵 ]の口からは、聞いた事はなかった。

それに加えて、これまで散々痛めつけられてきた守護五家が、ついに珠依姫に力を借りて、ドライ[ CV:上田耀司 ]を打ち破った!これほどまでに歯が立たない正義の味方も珍しいってくらいに、一方的にやられてたからな~。これでようやく、一つ仕事を成し遂げたって感じかな。

EDの珠紀が帰ってくるエピソードは、俺はなくても良かったと思うけど。だけど珠紀の拓磨[ CV:杉田智和 ]へのプロポーズ!あれは最高に良かったわ。あのために必要だったといわれれば、まぁそれも納得の展開かもね。

▼乙女ゲーと侮るなかれ
突発的に流行ったゲームというわけではなく、このアニメ化まで歴史を積み重ねているだけあって、シナリオのクオリティはなかなかの物だと思う。決して、女性向けに媚びた内容だとも思わないし、男が見ても十分に恋愛物として楽しめる。

ヒロインが珠紀しかいないし、守護五家はイケメンばっかりなので、やはり第1期同様に「誰かに感情移入して」というほどの深さでは俺は楽しめなかった。それでも、珠紀と拓磨の恋模様の行方が果たしてどうなってしまうのか。そして鬼切丸をどう封印してくれるのか。この2つのテーマで、十分の作品の世界観を楽しむ事が出来たと思う。

▼珠紀と拓磨
1期では、まだ珠紀がアップアップで恋愛の"れ"の字も出てこなかったけれど、2期は一転して珠紀と拓磨の恋の物語に。当然、守護五家の誰かが意中の人なんだろうとは思っていたけど、あまりにも自然で珠紀が拓磨を好きって事に、ちっとも気づかなかった。

そしてこれは女性向け"一般"作品の良いところでもあるんだけれど、拓磨と珠紀の関係がとにかくプラトニック!この言葉が正しいのかどうか分からないけど、とにかくいやらしさとか下心のない恋愛。「そんなのフィクションだからでしょ?」と冷めた見方をしちゃ、もったいない。

こんな綺麗な恋愛がどこかにあるんだろうか?あったら素晴らしい!的な広い心で、是非楽しんでもらいたい。

▼今期も文句なしの作画
やっぱりキャラデザ・総作監:恩田尚之の力はハンパないと改めて実感。OPやEDのキャラクターの作画とかを見ていると、めちゃくちゃ上手いな~と、実感してしまう。作中もバトルシーンあり、珠紀と拓磨の逢瀬ありと、いろいろな場面が出てくるけど、いずれも文句なしの出来。

紅葉の森林の風景も相まって、綺麗な映像が心に残った作品だった。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 好きっていいなよ。(第12話) | トップページ | イクシオン サーガ DT(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56387465

この記事へのトラックバック一覧です: 緋色の欠片 第二章(最終話:第13話):

« 好きっていいなよ。(第12話) | トップページ | イクシオン サーガ DT(第12話) »