« イクシオン サーガ DT(第12話) | トップページ | さくら荘のペットな彼女(第12話) »

トータル・イクリプス(最終話:第24話)

▼最終話
え、これでお終いですか・・・?原作と呼べる作品がどれに当たるのか正確に分かってないんだけど、これも原作通りなの?BETAとの戦い、その終焉の日がこの作品のフィナーレだと勝手に思ってたんだけど、途中から完全にそっちのけになっちゃったな。

ユウヤ[ CV:小野大輔 ]唯依[ CV:中原麻衣 ]、そしてクリスカ[ CV:生天目仁美 ]の関係も、結局お互いに「好き」って気持ちを直接伝えないまま、終わっちゃったんだよな?これもまた、中途半端な印象があるんだけど。

じゃあつまらない?と言われるとそういうわけじゃないんだけど、風呂敷をたくさん広げてきた割には、ちっとも片付けないままで終わらせてしまうって、それはちょっといかがなもんか。

▼極限状態での人間ドラマ
途中までは間違いなくそれだった。BETAという圧倒的な地球外生命体の前に、なんとか抵抗しようとする人類の無力さ。その中で必死に生きる唯依たちの命の輝き。時には残酷にすら感じたその主題に、グッと引き込まれた。

残念ながら後半のユーコン基地に到着したあたりから、ストーリーがそれとはかなり違う路線にシフトしてしまったので、それまでの内容とユーコン基地以降の内容で、俺としては面白さのレベルが全然違うと思ってる。後半も悪いとは思わないけど、BETAと一進一退を繰り返していた頃の、息をのむ緊張感は全く無くなっちゃったね。

▼戦争と恋と
戦争と言っても、この作品では人間と戦うことはないと勝手に思っていたんだけどね。そんな状況でも、人を信じる事や人を好きになっていく事っていうのは、やっぱり素晴らしい!って思えるところまで発展してないか。

このあたりが俺的にはちょっと中途半端に感じたところかなぁ。唯依とユウヤの関係だけで言えば、よくある学園ラブコメのお約束とも言うべき、鈍感主人公とツンデレヒロインのそれでしかなかった。「戦場での」という修飾語が意味を成してないんだよね。

せっかくの作品の主題を、もう少し深く掘り下げて欲しかった。

▼3DCGのバトルは流石
BETAの気持ち悪い容姿、固そうな外殻、そして圧倒的な大きさ。それに対して戦術機の俊敏さ。サテライトが制作に名を連ねているだけあって、このあたりはさすがの出来。

一方でキャラクターの作画については、ちょっとどころじゃなく微妙な回が何回もあったよね。キャラクターの顔立ちがかなりはっきりしている分、ちょっとでもバランスが崩れるとすぐ目に付いちゃう。あとメカ系の動きのクオリティの高さに対して、キャラの動画についてはちょっと心許ない。その差もあって余計に目に付いちゃう。

トータル・イクリプス(@テレビ東京) / アニメーション制作:xixtl × サテライト

|

« イクシオン サーガ DT(第12話) | トップページ | さくら荘のペットな彼女(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56387477

この記事へのトラックバック一覧です: トータル・イクリプス(最終話:第24話):

« イクシオン サーガ DT(第12話) | トップページ | さくら荘のペットな彼女(第12話) »