« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(第11話) | トップページ | ROBOTICS;NOTES(第10話) »

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18

本エントリーはピッコロさん主催の企画に賛同し、2012年9月に最終回を向かえた作品の評点を投稿するものです。このブログで最終回評を載せた作品はいくつかありますが、今回は時間の都合上、「よかった!」と思っ4つの作品のピックアップにさせていただきました。

各作品タイトルの後ろに表記した点数は、総合的な評価を除く5項目の合計点(25点満点)になります。

エウレカセブンAO[22点]
ストーリー 5点
キャラクター性 4点
4点
演出 5点
音楽 4点
総合的な評価 4点
コメント    レギュラー放送の最終話である22話から約2ヶ月。気になる事はますます多くなったエウレカセブンの世界だけど、俺はこれでよかったような気がする。俺の想像の中では、あの後アオはフレアと再会して、そして本当の"家族"になってるからね。(全文はこちら。)

氷菓[23点]
ストーリー 5点
キャラクター性 4点
5点
演出 5点
音楽 4点
総合的な評価 5点
コメント    1話完結のちょっとした事件と、複数話にまたがる長編エピソード。俺は断然、後者だ。文化祭しかり、映画研究会の映画制作しかり。この2つのエピソードは、今でもその印象が頭に残っているくらい、インパクトがあったし、奉太郎たちと一緒になって解決しようとしている自分がいた。(全文はこちら。)

TARI TARI[24点]
ストーリー 5点
キャラクター性 5点
5点
演出 4点
音楽 5点
総合的な評価 5点
コメント    この作品の登場人物は、とにかくリアルなんだよね。それはキャラデザがとか、そういう事じゃなくて、こういう人がリアルでいたとしても、何の違和感も無いっていう意味で。その"ありふれた"キャラクターをここまで魅力的に育て上げたシナリオも秀逸だし、作品としてのバランスがとにかく光った。(全文はこちら。)

夏雪ランデブー[23点]
ストーリー 4点
キャラクター性 5点
5点
演出 5点
音楽 4点
総合的な評価 5点
コメント    最初から最後まで、とにかくこの3人の心情描写を掘り下げているだけあって、はまる人にはとにかくどっぷりと作品の世界観に浸れる。俺は基本的に亮介の視点で見ていたんだけど、それでも生前の篤と六花のエピソードとか、思わずグッと来ちゃう。誰の気持ちにも正解はないが故、俺も一緒に頭を悩ませていた。(全文はこちら。)

|

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(第11話) | トップページ | ROBOTICS;NOTES(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56324091

この記事へのトラックバック一覧です: 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18:

» 今期(2012年9月終了)アニメ評価in星屑の流星群 [星屑の流星群]
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんのところで 今期(9月終了アニメ評価企画)があるので参加します。 今回は朝・夕方・深夜とそれぞれあります。 では評価開始!!!!!! [続きを読む]

受信: 2012年12月29日 (土) 18時02分

» 今期(2012年9月終了)アニメ評価in星屑の流星群 [星屑の流星群]
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんのところで 今期(9月終了アニメ評価企画)があるので参加します。 今回は朝・夕方・深夜とそれぞれあります。 では評価開始!!!!!! [続きを読む]

受信: 2012年12月29日 (土) 18時02分

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(第11話) | トップページ | ROBOTICS;NOTES(第10話) »