« ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第8話) | トップページ | リトルバスターズ!(第9話) »

K(第9話)

1945年のドレスデン(ドイツです)で行われているあの実験。そこに現れたヴァイスマン[ CV:柿原徹也 ]。今、[ CV:浪川大輔 ]の周りで起こっている事と関連づけるなら、納得できる理由を見つけた気がする。

社の記憶にはない多々良[ CV:梶裕貴 ]を殺したという事実。これは紛れもなく、その実験の"成果"を応用した結果だろうな。つまり、主となる者がいて、その者が他人の意志に反して自由にコントロール出来るってことだ。

そのヴァイスマンが死んだ(ホントか?)ことで、王権者が一気に動き出した。中でも、これまで沈黙を守っていた[ CV:津田健次郎 ]。彼は何を目的にこれまでひたすら大人しくしていて、そしてこのタイミングで動き出したのか。

なんせ淡島[ CV:沢城みゆき ]の攻撃がまったく通用しないあの力。これはパワーバランスが大きく崩れるぞ。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

|

« ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第8話) | トップページ | リトルバスターズ!(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56236744

この記事へのトラックバック一覧です: K(第9話):

« ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第8話) | トップページ | リトルバスターズ!(第9話) »