« バクマン。3(第11話) | トップページ | リトルバスターズ!(第11話) »

ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第10話)

ヤミ[ CV:福圓美里 ]を兵器として育てることを拒んだ(?)と思われるティアーユ[ CV:福圓美里 ]は、もしかしてもう"粛正"されてしまっているのでは・・。

ヤミがリト[ CV:渡辺明乃 ]に語った自身の過去は、ToLoveるらしからぬドラマチックな展開に。特にティアーユに懐いているヤミの人間らしい笑顔や人なつっこさを見てしまうと、今のヤミの境遇に思わず同情してしまう。

そこで変に同情せず、むしろ怒りをみせてしまうのが、リトの人の良さというか、人を引きつける所なんだろうな~と、改めて実感。だからティアーユが先生として登場した時は、「もしかして、ニセモノ?」という疑いの気持ちもありつつ、やっぱりホッとしたというのが本心かな。

ヤミにもやっぱりあのドジッ子の性格は受け継がれているのか?是非とも、見てみたい。

ToLoveる-とらぶる-ダークネス(@TOKYO MX) / アニメーション制作:XEBEC

|

« バクマン。3(第11話) | トップページ | リトルバスターズ!(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56332979

この記事へのトラックバック一覧です: ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第10話):

« バクマン。3(第11話) | トップページ | リトルバスターズ!(第11話) »