« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(最終話:第12話) | トップページ | K(第12話) »

ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第11話)

モモ[ CV:豊崎愛生 ]の差し出したあの"種"は、どう見ても銀杏だよな?というかそれ以外には見えないだろ、どう頑張っても。その銀杏をまたティアーユ[ CV:福圓美里 ]が面白いように全部割ってくれるとは。

芽亜[ CV:井口裕香 ]がついにその本性を表すかと思いきや、今回はあくまでもティアーユに探りを入れただけ。という解釈で良いんだよな?芽亜の場合は、その笑顔の裏で何を考えているのかよく分からないところがあるから、1つ1つの言動をどうしても深読みしてしまうよね。

しかし、ティアーユとお静[ CV:能登麻美子 ]というこの天然コンビ、これは想像以上に強烈だわ(笑)。モモもティアーユだけ助けて、その後お静は放置ってところが、実によく分かってる。お静も幽体化すれば簡単に抜けられそうなもんなのに。

ToLoveる-とらぶる-ダークネス(@TOKYO MX) / アニメーション制作:XEBEC

|

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(最終話:第12話) | トップページ | K(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56380413

この記事へのトラックバック一覧です: ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第11話):

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(最終話:第12話) | トップページ | K(第12話) »