« めだかボックス アブノーマル(最終話:第12話) | トップページ | K(最終話:第13話) »

ToLoveる-とらぶる-ダークネス(最終話:第12話)

▼最終話
モモ[ CV:豊崎愛生 ]が主役のダークネスらしく、最終話はモモのエピソード。まぁこれは原作通りなので、原作既読の俺的にはあの体育倉庫のモモの妄想をテレビで放送したっていう事実にビックリしたわ(笑)。アイス食わされてる方の光源にもね。

とは言え、今のモモの気持ちっていうのは、あの場面に凝縮されてるんだよね。リト[ CV:渡辺明乃 ]が自分を襲うことは無いはずっていう安心感が、たぶんモモのどっかにはあるはずで、それがリトに対する気持ちにも繋がっているんだと思う。

モモのハーレム計画が前進することも無かったし、リトとララ[ CV:戸松遙 ]、そして春菜[ CV:矢作紗友里 ]の関係も全然変わってないんだけど、それでも1歩前進したような、そんな満足感のある最終話だった。

▼まさかのテレビアニメ化
コミックスにOVAが付いてきてる時点で、テレビアニメは無いと勝手に思っていたのに。週刊からSQに移籍して、そのエロ度が極限までに上昇したダークネスが、こうやって1クール地上波で放送されたことが何より凄い。まぁこの作品の場合、どうしてもそこに目がいくからね・・。

最終話のモモしかり、もう1人の主人公であるヤミ[ CV:福圓美里 ]のエピソードなんかは、ToLoveるらしからぬヘビーな展開。今回はまだ芽亜[ CV:井口裕香 ]が大人しくしてたからいいものの、彼女とナナ[ CV:伊藤かな恵 ]の関係が危ういのは言うまでも無く。

コミックス以上にストーリー性はこのテレビアニメの方が感じられたかな。

▼影の薄い方も多々・・
言うまでも無くララと春菜だけどね(笑)。一応、ToLoveるではメインヒロインだったんだけど、まぁダークネスでは完全に脇役。一方で[ CV:名塚佳織 ]とか美柑[ CV:花澤香菜 ]は、安定したサブヒロインって感じ。

とにかく魅力的な女の子いっぱいのToLoveるなので、ここはやっぱりお気に入りのヒロインをターゲットにストーリーを楽しむべき!俺は唯が好きかな~。ツンデレとかはもうお腹いっぱいの感があるはずなのに、あの唯の計算してないツンデレには、やっぱり負けてしまうわ(笑)。

▼キャラクターの魅力を伝える作画
スケジュール的にはOVAとも同時進行だろうし、もともと原作の画力がハンパないから、アニメ化するにもそこは相当なハードルとプレッシャーになったと思う。確かにアニメのキャラクターは、原作のそれとはやっぱりかなり違うと思う。

まぁだけどそれが納得できないのかと問われれば、答えは否。原作とは違う雰囲気だけど、キャラクターの魅力を伝えるには、必要にして十分なクオリティだったと思う。やっぱり女の子の作画が崩れると作品として致命的だから、そこは相当に頑張ったんじゃないだろうか。

ToLoveる-とらぶる-ダークネス(@TOKYO MX) / アニメーション制作:XEBEC

|

« めだかボックス アブノーマル(最終話:第12話) | トップページ | K(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56416942

この記事へのトラックバック一覧です: ToLoveる-とらぶる-ダークネス(最終話:第12話):

« めだかボックス アブノーマル(最終話:第12話) | トップページ | K(最終話:第13話) »