« ラブライブ!(第7話) | トップページ | イクシオン サーガ DT(第19話) »

八犬伝―東方八犬異聞―(第7話)

テレビアニメの宿命だろうか、尺の都合だろうか。6話に続いて、今回もストーリーのテンポが早すぎて、なかなか状況を理解するところまで追いつけなかった。そもそも、なんで信乃[ CV:柿原徹也 ]は、この村にそこまでこだわってるんだっけ?

結果的には、信乃がこだわったのはこの村そのものよりも、猿神[ CV:鶴岡聡 ]の存在だったような気がする。いや、これも俺の勝手な解釈であって、そもそも自分の過去と関わりがないと分かった時点で、信乃にはもうそれほどのこだわりはなかったかもしれない。あくまで無くした宝玉を捜していただけなのかもね。

そんな理解度の浅さでも、猿神と斎木[ CV:雪野五月 ]の再会には、自然と吸い寄せられるようにストーリーに引き込まれていた。増して、猿神なんて言葉を発している訳ではないのにね。何とも不思議な感じのするエピソードだった。

八犬伝―東方八犬異聞―(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« ラブライブ!(第7話) | トップページ | イクシオン サーガ DT(第19話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56788478

この記事へのトラックバック一覧です: 八犬伝―東方八犬異聞―(第7話):

« ラブライブ!(第7話) | トップページ | イクシオン サーガ DT(第19話) »