« マギ(第24話) | トップページ | ラブライブ!(第11話) »

閃乱カグラ(最終話:第12話)

▼最終話
意を決して乗り込んだ蛇女の割には、ラスボスの道元[ CV:小杉十郎太 ]は随分とあっさり撃退した感があるな。[ CV:喜多村英梨 ]たちにかけられた「軛の術」も、結局のところあまり意味を持たなかったような。

「子供のケンカ」ということにして、鈴音[ CV:三森すずこ ]大道寺[ CV:浅川悠 ]にもほとんど出番がなかったことで、結局この人たちはなんで出てきたの?という感じになっちゃったし。

道元を退けた後、焔たちが飛鳥[ CV:原田ひとみ ]たちと合流するか?とも思ったけど、さすがにそこまではいかないか。何処かで再び相まみえる時を―的な終わり方は、悪くなかったと思うね。

▼胸躍らなかったストーリー
最近のおっぱいアニメは結構ストーリーもしっかりしてて、ちゃんと内容も楽しめる作品が多かったんだけど、閃乱カグラは残念ながら中身が伴ってない。どのエピソードでも、「この先どうなるんだろう」っていうワクワク感が無い。

忍術とかバトルっていう題材は決して珍しくないんだから、それを完璧に究めた世界観にするか、それともそれを上回るストーリーやキャラクターを用意するか、何らかの飛び道具が必要だった。バトルのスピード感はかなりのレベルだっただけに、残念だ。

▼キャラクターの成長
戦いのレベルは確かに上がったのかもしれないけれど、半蔵学院の5人のヒロインたちの人間としての成長みたいなドラマ性は、ほぼ皆無。もしこれで「ちゃんとその要素も入れました」と言うならば、あまりに表現のレベルが低すぎる。

愛着のわくキャラクターって必ず人間的には欠点があったりするもんだけど、結局のところ最初から最後までみんな優等生なことしか言わないんだよね。善と悪という単語を使っていたんだから、そういう要素をもっと上手くストーリーやキャラクターと融合させて欲しかった。

▼意外と普通
「究極の爆乳ハイパーバトル」って銘打たれたら、どれだけ凄い物かと半ば期待しつつ、半ば呆れ気味見てきたんだけど、はっきり言ってこれくらいなら普通じゃないの?設定上はかなり皆さん、大きな物をお持ちのようですが、作画上はそれほど際立ってたワケでも無いと思う。

ストーリーの感想でも書いたけど、バトルのスピード感の表現はかなり頑張ってたと思うよ。なにぶん、他に目立つところがないってのもあるんだけど。

閃乱カグラ(@AT-X! HD) / アニメーション制作:ARTLAND

|

« マギ(第24話) | トップページ | ラブライブ!(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57027534

この記事へのトラックバック一覧です: 閃乱カグラ(最終話:第12話):

« マギ(第24話) | トップページ | ラブライブ!(第11話) »