« バクマン。3(最終話:第25話) | トップページ | D.C.III ~ダ・カーポIII~(最終話:第13話) »

琴浦さん(最終話:第12話)

▼最終話
春香[ CV:金元寿子 ]と母久美子[ CV:井上喜久子 ]。ようやくまた親子らしい関係に戻れたのかな?ベッドの上で枕で殴り合っているのを見て、何故か安堵していた。

真鍋[ CV:福島潤 ]百合子[ CV:花澤香菜 ]のおかげで、ようやく変に人に対して気を遣わなくなった春香なのに、母親に対しては未だにオドオドしてたもんね。

ここに至るまで、「もうそんなに春香をいじめなくてもいいのに!」と思うくらいに重いエピソードもたくさんあったけど、最後に振り向いた春香の笑顔が、そんな過去に対する俺の鬱な気持ちを全て帳消しにしてくれた。

▼ラブコメとは言いがたい序盤
ま~辛かった。全体の1/4にあたる3話までは、とにかく春香の陰々滅々とした心がまるで乗り移ったかのような、重苦しいストーリーが続いた。落ち込んでるときに見ると、それこそもうこの作品を2度と見なくなるんじゃないかってくらい。

しかも4話以降でもちょくちょくそういう展開が挟まったりして、さらに効いてくる。この序盤とそれ以降の所々の鬱展開があったからこそ、春香が本当にその力で悩んでいたってことも、真鍋の存在が春香にとってどれだけの救いだったかって事も、痛いほど分かるんだけどね。

だからこそ、最終話の春香の笑顔には本心からホッとできた。

▼実は男前の真鍋
実は単なるバカという説もあるけどね(笑)。だって自分の考えていることが好きな人に全部分かっちゃうって、それに果たして普通の人が耐えられるかって事。人との駆け引きって、時には"嘘"も必要だしねぇ。

そうやってリアルな環境に当てはめていくと、それでも春香を好き!って言える真鍋はやっぱり男前だってことにしておく。最終話の告白(?)は、たぶんこれまでの中で真鍋が1番格好良かった場面だな。

▼ストーリーとは真逆の作画
キャラクターの頭身とかリアクションとか、絵柄はシリアスなストーリーとは打って変わって、まさにギャグアニメのサイズと反応なんだよね。そのギャップがまた印象的だったりする。

基本的には学校のシーンが多いし、私服もそんなに細かい書き込みをしてあったわけじゃない。作画のクオリティを維持するために、上手く省エネ出来るところは省エネで回していた感じだな。

琴浦さん(@AT-X! HD) / アニメーション制作:AIC Classic

|

« バクマン。3(最終話:第25話) | トップページ | D.C.III ~ダ・カーポIII~(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57077626

この記事へのトラックバック一覧です: 琴浦さん(最終話:第12話):

« バクマン。3(最終話:第25話) | トップページ | D.C.III ~ダ・カーポIII~(最終話:第13話) »