« ROBOTICS;NOTES(最終話:第22話) | トップページ | ちはやふる2(第11話) »

キューティクル探偵因幡(最終話:第12話)

▼最終話
暗闇の中で銃声が聞こえ、ガブリエラ[ CV:日笠陽子 ]が勝ち名乗りを上げたところで、「あぁ、これはやっちまった・・」と思ったね。ヴァレンティーノ[ CV:大川透 ]には悪いけど、そのあと流血して横たわってるヴァレンティーノを見たら、笑わずにはいられない(笑)。

それにしても、因幡[ CV:諏訪部順一 ]が良い具合に気が抜けるほど、最終話とは思えない緩い展開だ。しかもオチがフォレスト[ CV:福山潤 ]ですよ?ストーリーに縁もゆかりもない中二キャラに最後を持っていかれるとは・・。

あの被り物の下も気になるけど、結局ロレンツォ[ CV:小杉十郎太 ]もあの袋を取らなかったなぁ。真顔(想像)でフォレストの被り物にダメ出しとか、鉄板ギャグすぎるだろ・・・。

▼素直に笑える良質ギャグ作品
最近のアニメの笑いのツボは、過去の作品のパロディやオマージュに頼ることが多かったんだけど、この作品はまさに正統派のギャグアニメって感じ。その無茶苦茶な世界観と、それをさらに突き抜ける無軌道なキャラクター。

そしてそこにテンポの良いストーリーの進行も加わって、飽きる間もなく次々と笑いのツボがやってくる感じ。シリアスなストーリーも何回かあったけど、俺はやっぱりギャグオンリーのエピソードの方が好きだな。

▼交わらないキャラクター
ギャグ作品の割には、登場人物が多いと思う。ここまで登場人物が多いと、その分どうしても特徴も薄まってしまいそうなものなんだけど、"組織"という枠を上手く使ってることで、見事に全員が成立してるだよね。

俺はとにかく優太[ CV:下田麻美 ]の一挙手一投足に目が離せなくって。いや、こいつ男なんだよなぁ?結局、ノア[ CV:巽悠衣子 ]はそのことを知らないまま終わってしまったな。

▼リアルとデフォルメ
常時デフォルメ状態のヴァレンティーノはさておき、特に因幡・[ CV:入野自由 ]・優太の3人は、デフォルメキャラが大活躍。この使いどころがまた良いよね。しかもデフォルメ時間が意外と長い!

シリアスなストーリーでも上手い具合にデフォルメキャラを使うことで、シリアス一辺倒にならないし、何よりもあのデフォルメデザインのキャラがみんな可愛い!デフォルメキャラだけでショートアニメとか作ってくれないかな。

キューティクル探偵因幡(@AT-X! HD) / アニメーション制作:ZEXCS

|

« ROBOTICS;NOTES(最終話:第22話) | トップページ | ちはやふる2(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57019890

この記事へのトラックバック一覧です: キューティクル探偵因幡(最終話:第12話):

« ROBOTICS;NOTES(最終話:第22話) | トップページ | ちはやふる2(第11話) »