« D.C.III ~ダ・カーポIII~(第9話) | トップページ | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(第9話) »

リトルバスターズ!(第21話)

それは唐突と言えば唐突。クド[ CV:若林直美 ]のエピソードは、絶対に悲しい気持ちになるって確信があった。そこへきてのロケット打ち上げ。イヤな予感しかしない。例えクドがそれを見ていなくても、何か起こる気がしてならなかった。

[ CV:たみやすともえ ]理樹[ CV:堀江由衣 ]とクドの元に慌てて走ってきたときには、せめて打ち上げ中止とか、最悪の状況じゃない報告を・・と思ったんだけどね。さすがにあの爆発では・・。

常日頃から、どうも無理に明るく振る舞おうとしているように感じられたクド。それでも彼女の心を支えてくれていたのは、間違いなく母親の存在。例えほとんど会ったことが無くても、クドにとっては誇りでもあったはず。

その母親の無事を遠くから祈ることしか出来ない彼女の無力感は、想像に難くない。

リトルバスターズ!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« D.C.III ~ダ・カーポIII~(第9話) | トップページ | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56882710

この記事へのトラックバック一覧です: リトルバスターズ!(第21話):

« D.C.III ~ダ・カーポIII~(第9話) | トップページ | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(第9話) »