« ビビッドレッド・オペレーション(最終話:第12話) | トップページ | リトルバスターズ!(第25話) »

絶園のテンペスト(最終話:第24話)

▼最終話
吉野[ CV:内山昂輝 ]が軽傷で済んでホッとしたわ。23話での煽りがかなり強烈だっただけに、むしろ拍子抜け感すらあった。これはまんまと演出にはまってしまったな。

しかしラスボスであるところの"はじまりの樹"の破壊を、めぐむ[ CV:梶裕貴 ]という完全なるサブキャラに託さないといけないとは。この手の作品で最後を締めるのがサブキャラっていう、そのシナリオの潔さもまた凄い。

そして愛花[ CV:花澤香菜 ]が残したあの映像だ。どうして最後の特典映像に対する吉野と真広[ CV:豊永利行 ]の反応が実に正直でよろしい(笑)。もしかしたら、愛花は葉風[ CV:沢城みゆき ]と出会った時に、吉野が自分の死後、葉風の彼氏となることを予想していたんだろうか?そんな事を考えつつ、葉風と吉野の再会の余韻に浸っていた。

▼緻密な世界観とストーリー
魔法という力を中心に、"樹"という特別な存在がある。この世界を成り立たせる力のバランスだったり、理だったり、そういう物に破綻がない。むしろ全ての物が複雑に絡み合って、そして相互に繋がっていく。その過程が実に気持ちいい。

さらに2クールの前半と後半の使い方も上手いよね。前半は吉野と真広がストーリーの中心で、後半はそれが葉風に移っていく。作中では全ての出来事の因果が"はじまりの樹"に帰結しているけれど、それを理由としてはとても納得できないっていう不合理さ。それを真広や葉風とともに共有できた気がする。

▼愛花の存在感
既に死んでしまったキャラクター。それ故に、愛花っていう存在は特別だったし、特に物語の序盤は愛花と吉野の過去のエピソードとか、見ているのも辛いくらいに重かった。俺は未だに愛花の死を納得できてないかも。

魔法の力で愛花が生き返る、なんてあまりにもご都合主義な展開は絶対に見たくなかったし、もしそうなっていれば「こんなシナリオはあり得ない」と文句を言っていた事はほぼ確実。なのに、そのはずなのに心の何処かで「愛花が再び戻ってくるんじゃないか」って期待もしていたような気がする。


リアル系のキャラクター描写に、背景を含む丁寧な書き込み。BONES作品らしい、実にリアルで現実感のある作画。この映像で魔法が出てくると、その存在に対するリアリティが一気に上がってくる。

加えて、愛花と葉風という2人のヒロインがとにかく美人。可愛いという表現を通り越して、美人なんだよね、本当に。

絶園のテンペスト(@TBS) / アニメーション制作:BONES

|

« ビビッドレッド・オペレーション(最終話:第12話) | トップページ | リトルバスターズ!(第25話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57070581

この記事へのトラックバック一覧です: 絶園のテンペスト(最終話:第24話):

« ビビッドレッド・オペレーション(最終話:第12話) | トップページ | リトルバスターズ!(第25話) »