« ガールズ&パンツァー(最終話:第12話) | トップページ | さくら荘のペットな彼女(最終話:第24話) »

AMNESIA(最終話:第12話)

▼最終話
ニール様なる神様が主人公[ CV:名塚佳織 ]の記憶を戻してくれると言った時には、これでいよいよ全てが明らかになると思ったんだけどな~。おもわず「そう来たか!」と唸る展開が待っていた。

雰囲気的にはウキョウ[ CV:宮田幸季 ]が彼氏で決まりだったし、最後に出てきたヤツが美味しいところを持っていくのかと勝手に興ざめしていただけに、敢えて全てを伏せたままのこのエンディングには、してやられた。

この作品を見ていた全ての人に、主人公の名前から始まり、戻った世界の人間関係、そして主人公が誰と付き合っているのかなど、全ての要因を想像して余韻に浸る余地を残したことになる。せめて主人公の名前だけでも・・・と思ってしまうのは、やっぱり人間の好奇心の性だね(笑)。

でもたぶん、それを知ってしまうと「ふ~ん」って思うだけになっちゃう。敢えて分からないが故のこのもどかしさが、心憎い演出だ。

▼暗中模索のストーリー
「何が起こっているのか全く理解出来ない」―。主人公と同じ疑問や不安を抱きながらも、なんとか本当の自分にたどり着こうとするこの作品のストーリーに、どっぷりはまってしまった。分からないんだけど、面白い。このバランスが実に絶妙。

時には主人公の態度にイライラしてみたり、シン[ CV:柿原徹也 ]の横柄な態度に腹を立ててみたり。何も分からないはずなのに、やっぱり人間関係には敏感に反応してしまうよね。

▼巧みなマルチ・・・彼氏?
攻略対象が男キャラの場合、ヒロインじゃなくてヒーロー・・とは言わないよな。何て言うの?結果的に5人の男が入れ替わり立ち替わりのストーリーだったんだけど、それぞれによく言えば個性があって、いつも違った新鮮な世界観を提供してくれた。

誰が好きとかはさすがに無いんだけど、やっぱり今でもシンの俺様キャラはどうしても受け付けないかなぁ。主人公はああいう横柄な男が好きなんだろうか。もしかして、相当のMなのか?

▼どこか非現実的
主人公の服装はまぁ普通の女の子って感じなんだけど、それ以外のサブキャラや男の服装がなんとも印象的。これがこの作品における重要な要素、「異世界感」を醸し出す。

主人公の暮らす部屋やバイト先は変わらないのに、その周りにいる人はどこか普通じゃない。そんな良い意味での違和感を感じる作画だった。

AMNESIA(@AT-X! HD) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« ガールズ&パンツァー(最終話:第12話) | トップページ | さくら荘のペットな彼女(最終話:第24話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57041038

この記事へのトラックバック一覧です: AMNESIA(最終話:第12話):

« ガールズ&パンツァー(最終話:第12話) | トップページ | さくら荘のペットな彼女(最終話:第24話) »