« 琴浦さん(最終話:第12話) | トップページ | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(最終話:第13話) »

D.C.III ~ダ・カーポIII~(最終話:第13話)

▼最終話
あれだけたくさんの女の子に迫られて、それでもハーレムルートを選択できる清隆[ CV:小野友樹 ]がある意味で凄い・・。それで怒るどころか安心しちゃう[ CV:海保えりか ]とかさら[ CV:桜咲千依 ]あたりもどうかと思うけど。

さくら[ CV:美名 ]が語り出した「長い話」っていうのは、無印の「D.C.」の事か?それとも、それすらも越えたさらに昔の話?D.C.はゲームをプレイしたことあるんだけど、なにぶん昔すぎて覚えてない。

最後にちょっとだけ清隆と立夏[ CV:新田恵海 ]、そしてさくらのいたあの光景は、D.C.Ⅲもう1つの舞台、ロンドンの魔法学校らしい。どうもゲームを未プレイだと、消化不良な感じの残る最終話だったな。

▼ラブコメの王道!
ちょっと優柔不断な主人公に、先輩から後輩、同級生までのヒロインたち。この作品の基本はラブコメの王道だ。そしてちょっとだけ、ほんのちょっとだけエロも加えてあって、世界観を理解するのにそれほど時間はかからない。

ただ、初音島の桜の存在とか、随所のシリーズものならではの「知ってて当然」的な要素があって、それがとっつきにくくしているような気もする。敢えて桜の秘密とか魔法の話には深入りしてなかったのは、それを表に出しすぎると、ラブコメの方が沈んでいきそうなくらいに大きなテーマだったからかもね。

▼これは本気で迷う・・
最初はシャルル[ CV:宮崎羽衣 ]で決まり!と思った。だけど姫乃[ CV:佐々木未来 ]やさら、そして葵のエピソードでは、それぞれのヒロインに引っ張られ。

そして最後は立夏だ。これは清隆が「現状維持」を選択したくなるのも分かる気がする。それくらい、この作品のヒロインのキャラクターと、そしてそのエピソードには魅力があったと思う。

▼もう一声
ラブコメとなれば、やっぱりヒロインの可愛さは命だよね。作画クオリティという点では、OPの映像を見た時から「これはちょっと危ないかも・・・」という気はしてた。まぁレベルが低いわけじゃないんだけど、もう少しリアル系作画の方が俺は好きだなぁ。

だけどこの作品の場合は、ヒロインの仕草とか表情がちゃんと描けていたことで、多少は救われたかな。上目遣いで話す感じとか、照れてる表情とか、その辺の出来は文句なしだった。

D.C.III(@TOKYO MX) / アニメーション制作:風見学園公式動画部

|

« 琴浦さん(最終話:第12話) | トップページ | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57077637

この記事へのトラックバック一覧です: D.C.III ~ダ・カーポIII~(最終話:第13話):

« 琴浦さん(最終話:第12話) | トップページ | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(最終話:第13話) »