« たまこまーけっと(最終話:第12話) | トップページ | ささみさん@がんばらない(最終話:第12話) »

GJ部(最終話:第12話)

▼最終話
卒業式がそんな間近に迫っていたとは・・。11話の"Cパート"の延長で始まって、どうしてキョロ[ CV:下野紘 ]がそんなにソワソワしてるのかと思ってたんだよね。なるほど、そういう理由か。

だけど最終話にして、真央[ CV:内田真礼 ]紫音[ CV:三森すずこ ]綺羅々[ CV:荒川ちか ]のまた新たな面が見えてくるとは。

特に綺羅々のメール高速打ちはビックリしたわ(笑)。しかも普段の綺羅々からは想像も出来ないほどの多弁ぶり。イマイチ掴み所のないキャラだと思っていたけど、最後にやってくれたわ。

▼部室もの?
これは新たなジャンル、作品の分類を作って良いんじゃないだろうか。場面が大きく変わらないだけにあとは内容の奇抜さ勝負・・・となりそうなもんだけど、この作品はそのあたりのバランスが凄く良かった。

キャラクターに嫌みがないし、無理矢理にパロディで笑いを取りに行こうとしているわけじゃない。キョロと真央の何気ない会話とか、[ CV:宮本侑芽 ]のお茶攻撃とか、思わず突っ込みたくなるような場面がそこかしこに。かと思えばたま~に真面目な会話もあったりしてね。

部室ものは、その部室に一緒にいる感覚で楽しませてくれるかどうかが、面白さのポイントだな。

▼恵と紫音にやられた・・
この二人、反則じゃないでしょーか。恋愛要素を排除しつつも、もしかしてみんなキョロが好き?と思わせるような素振りがあるGJ部メンバーの中でもこの二人のキョロに対する態度は、実に興味深い。紫音の世間知らずな所も可愛いし、恵のちょっとダルい感じのしゃべり方も気に入ってしまった。

じゃあ真央とか綺羅々、タマ[ CV:上坂すみれ ]はダメな子かと言うと、そういうわけじゃないんだけどね。

▼安定の作画
たぶんOPが一番みんな動いてるだろうな(笑)、基本的に普段はあんまり動かないこともあってか、キャラクターの作画がとにかく安定していた印象。真央なんて喜怒哀楽表現が激しいから、見ててついニヤニヤしちゃう。それもこの作画のクオリティあってこそ。

GJ部(@日本テレビ) / アニメーション制作:動画工房

|

« たまこまーけっと(最終話:第12話) | トップページ | ささみさん@がんばらない(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57055575

この記事へのトラックバック一覧です: GJ部(最終話:第12話):

« たまこまーけっと(最終話:第12話) | トップページ | ささみさん@がんばらない(最終話:第12話) »