« マギ(最終話:第25話) | トップページ | 八犬伝―東方八犬異聞―(最終話:第13話) »

ラブライブ!(最終話:第12話)

▼最終話
ことり[ CV:内田彩 ]の留学は、もう絶対に覆らないと思っていたんだけどなぁ。なにせことり本人が「いまさらもう無理」的な事を言っていたのに。

空港でまさにゲートへ向かおうとすることりを穂乃果[ CV:新田恵海 ]が追いつくってのはさすがに出来すぎ!とは思ったけどね。しかもそのことりを連れて学校に戻って、そのままライブ!まぁ穂乃果はこのくらい無茶苦茶なことやってくれないと、穂乃果らしくないか。

ことりがいなくなっても、穂乃果が立ち直ってくれれば、もう一度「μ's」としての活動が見られるんじゃないか。そんな位に思っていた俺からしたら、このエンディングはまさにサプライズだったな。

▼ファンが育てた作品
俺はこのアニメで初めて「ラブライブ!」を知ったんだけど、これまでの経緯を知れば知るほど、これこそファンが育て上げて、そしてその結果が花開いた作品だって思う。だからプロジェクト開始当時から追っかけてる人には、まさに感無量だろうな。

じゃあ初見お断りな作品かと問われれば、答えはNo。アイドルっていう物自体が流行りってこともあるけど、「μ's」っていうユニットが出来上がっていく過程、特に何をやっても上手くいかない最初の頃なんかを見せられちゃうと、やっぱり自然と応援する気になっちゃうんだよね。

▼穂乃果を中心に
9人でμ'sとは言え、やっぱり穂乃果がストーリーの中心。猪突猛進な穂乃果の性格がなければ、μ's自体が結成される事も無かったわけで、当然と言えば当然か。ただ、その他のメンバーも決して穂乃果に埋もれることのない個性があったよね。

俺は誰か1人を特に応援してみていたワケじゃないんだけど、毎回のストーリーにちゃんと主役がいて、それがキャラクターの性格とか内面を理解するきっかけになって、自然とひとり一人を好きになっていく。そういう筋書きがちゃんとあって、それを丁寧に描いていたっていう印象だ。

▼ライブは盛り上がるが
ライブシーンは3DCGと2DCG、要するにモデリングされたポリゴンアニメと手描きの動画の混在。最近では珍しくない手法で映像のクオリティも上がっては来てるんだけど、やっぱりどうしても気になる。元の動画のフレームレートの違いなのか?

それはさておくと、普段の学校で見せるμ'sの顔と、ライブでの顔はやっぱり別物!あのライブの迫力とか躍動感は、この作品の見せ場だよね。その割には、ライブシーンがそれほど多くなかったのはちょっと残念かも。

ラブライブ!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

|

« マギ(最終話:第25話) | トップページ | 八犬伝―東方八犬異聞―(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57093126

この記事へのトラックバック一覧です: ラブライブ!(最終話:第12話):

« マギ(最終話:第25話) | トップページ | 八犬伝―東方八犬異聞―(最終話:第13話) »