« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第3話) | トップページ | カーニヴァル(第3話) »

翠星のガルガンティア(第3話)

レド[ CV:石川界人 ]もやれば出来るじゃないか!今回のラケージ[ CV:恒松あゆみ ]撃退は、紛れもなくレドの手柄。いつもブスッとした表情をしているから、居場所は欲しくてもガルガンティアの人と仲良くやるつもりはないのかと思ってたよ。

と言いつつ、改めて思い直してみると、やっぱりレドには"仲良く"っていう概念は、ないのかもしれないなぁ。あれだけフレンドリーに接してくれるエイミー[ CV:金元寿子 ]に対しても、笑顔すら見せようとしないし。単なる交渉相手、としか思ってないのかもね。

チェインバー[ CV:杉田智和 ]の翻訳は、今回もなかなか冴えていた。そもそも、魚とか鳥とか、確かに"死骸"であることは間違いないけど、それをそう訳しますか。だけどあの驚き方からして、レドが食べてるものはきっと全然違うんだろうなぁということは、推測できる。

いつになったら、チェインバー無しで会話できるようになるんだろう。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

|

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第3話) | トップページ | カーニヴァル(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57222001

この記事へのトラックバック一覧です: 翠星のガルガンティア(第3話):

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第3話) | トップページ | カーニヴァル(第3話) »