« 八犬伝―東方八犬異聞―(最終話:第13話) | トップページ | 断裁分離のクライムエッジ(新番組:第1話) »

イクシオン サーガ DT(最終話:第25話)

▼最終話
イクシオンサーガDTらしい、実にしょうも無い最終話だった(笑)。まさか[ CV:江口拓也 ]がフォレゾーを言いくるめたあげく、そのまま和平交渉が成立とは。インコグニートのメンツが丸つぶれじゃないか。

そして丸つぶれだったエレク[ CV:神谷浩史 ]の玉が、なんとマリア[ CV:福山潤 ]から贈呈されるという、ほんっとにアホらしい展開に。これ、褒め言葉ね。

しかもあの場面に費やした時間と言い、エレクの股間に戻った時のあの「ふるるん」って感じの作画といい、こだわりがハンパないわ(笑)。それでも紺が帰るときに見せたヒメ[ CV:三上枝織 ]の涙とか、元の世界に戻った時に紺のちょっと感慨にふけるような表情とか、ちゃんとまとめるところは綺麗にまとめたかな。

▼面白いけど大丈夫?
ここまで徹底的にアホな作品、俺は大好きだ。だけど本来は「イクシオンサーガ」っていうゲームのプレイ人口を増やすっていう目的があるんじゃないの?ここまではっちゃけちゃうと、たぶんその効果はほとんどないと思うんだけど・・。

この作品の面白さは単なる下ネタだけじゃなくて、「王道RPG」と思わせておいておおよそそれとは全く関係ないテーマとか、ホントにどうでも良い小ネタで1話がまるまる終わるっていうしょーもなさなんだよね。結局、最後はシリアスになっちゃいました。みたいな作品が多い中で、最後までこれを貫いてくれたのが良かった。

▼濃すぎるキャラクター
これはもう意図的に「笑わせる」ために作られたキャラクターなので、まぁとにかく全員クセがありすぎて、誰が面白いとかそういう次元を越えている。まぁ一番アホなのはエレクで決まりだけども。

そう考えると、実はヒメご一行よりもインコグニートの方が見てて面白かったのかも。エレクだけじゃなくて、ギュスターヴ[ CV:鈴村健一 ]とかKT[ CV:斎賀みつき ]みたいな、もはや救いようのないキャラもいたからな。

▼ギャグアニメということで大目に見る
作画については、お世辞でも誉められた作品では無いよね。まぁ元々リアル系の作画というわけではないのに、頭身だけはそれなりにリアル系で、バトルシーンもそれなりにあったから、バランス面では難易度の高い作品なのかも。

まぁこれも面白ければある程度はOKということで。

イクシオン サーガ DT(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« 八犬伝―東方八犬異聞―(最終話:第13話) | トップページ | 断裁分離のクライムエッジ(新番組:第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57093137

この記事へのトラックバック一覧です: イクシオン サーガ DT(最終話:第25話):

« 八犬伝―東方八犬異聞―(最終話:第13話) | トップページ | 断裁分離のクライムエッジ(新番組:第1話) »