« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第5話) | トップページ | 惡の華(第5話) »

ちはやふる2(第18話)

机くん[ CV:代永翼 ]筑波[ CV:入野自由 ]の敗退は、申し訳ないけど順当と言うべきだろう。富士崎という強豪が相手で、しかも舞台は決勝戦。そう簡単に金星とはならない。

となると、分かってはいたけどやっぱり残り3人が全員勝たないと、瑞沢の優勝はないか。正直、分かってはいたけど苦しいな。だって次に千早[ CV:瀬戸麻沙美 ]太一[ CV:宮野真守 ]肉まんくん[ CV:奈良徹 ]のうち、誰か1人でも負けたらお終いだもんね・・。

団体戦っていう勝負にかけてるからこそ、たぶん富士崎の優勝が決まってしまうと、その時点で残りの2人も敗戦濃厚になってしまうと思う。もしかしたら千早だけは・・と思うけど。こんな具合に、どうしてもネガティブな結果しか頭に浮かんでこない。

もちろん、その逆を見たいという気持ちの方が強いんだけどね。

ちはやふる2(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第5話) | トップページ | 惡の華(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57364797

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる2(第18話):

« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第5話) | トップページ | 惡の華(第5話) »