« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第7話) | トップページ | 惡の華(第7話) »

ちはやふる2(第20話)

右手がダメなら左手・・。俺も一瞬はそう思ったんだけど、さすがの千早[ CV:瀬戸麻沙美 ]でも全く使ったことのない左手じゃあ勝負にならないか。ましてや個人戦。自分の負けはすなわち即敗退。これは残念ながら棄権か。

普通ならそう考えるんだけど、やっぱり千早の考えは"常識"でははかれないか。周りも絶対に止めると思ったんだけどなぁ。まぁこれで負けてしまうなら、千早も悔しいながら誰に迷惑をかける事も無いってことで、OKしたんだろうか。

それに万一勝ち上がったとして。[ CV:細谷佳正 ]とか詩暢[ CV:中堂美穂子 ]には到底敵わないってことになる。千早と新、そして詩暢の3人にはどういう対戦であれ、やっぱり万全の状態で戦って欲しいんだよね。

なにか余計なハンデがあって勝ったとしても、本人達もちっとも嬉しくないと思う。

ちはやふる2(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第7話) | トップページ | 惡の華(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57467029

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる2(第20話):

« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第7話) | トップページ | 惡の華(第7話) »