« デート・ア・ライブ(第6話) | トップページ | とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第5話) »

革命機ヴァルヴレイヴ(第5話)

サキ[ CV:戸松遙 ]のキス―。それはハルト[ CV:逢坂良太 ]の事が好きだからなのか?ちょっといじらしい仕草も見せていたから、そういう意味にとれなくもない。

だけどサキがタカヒ[ CV:寿美菜子 ]の腕に噛みついていた場面を思い出すと、単純な好意からではないのかもとも思う。つまりサキは、ハルトの"能力"の事を知っていて、それを欲しがっている。そう理解するのが妥当じゃないだろうか。

しかしこのほぼ学生だけのコミュニティ、俺が想像したよりもだいぶ持ちこたえている。タカヒとサキがもめだして、さらにはショーコ[ CV:瀬戸麻沙美 ]が批判の対象になりだしたときには、早くも崩壊かと思ったけどね。

しかしこのモジュールにはヴァルヴレイヴ以外にも戦うための力があるとなれば、今度は自分達から打って出る!なんて考え出すヤツがいてもおかしくない。それこそ、崩壊の始まりだと思うけど。

革命機ヴァルヴレイヴ(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« デート・ア・ライブ(第6話) | トップページ | とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57360823

この記事へのトラックバック一覧です: 革命機ヴァルヴレイヴ(第5話):

« デート・ア・ライブ(第6話) | トップページ | とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第5話) »