« カーニヴァル(第6話) | トップページ | 這いよれ!ニャル子さんW(第6話) »

進撃の巨人(第6話)

日テレの番組で原作者の諫山創氏を取り上げていた。たぶんネタバレあるだろうな~と思いながら見ていたんだけど、案の定、ストーリーの核心とも言えるエレン[ CV:梶裕貴 ]についての壮大なネタバレが。まぁそれは仕方なし。

あの状況でエレンが果たしてどうやって助かっているのかっていう事が、疑問でもあり不安でもある。エレンがどうなったのか、というよりも死んでいないという状況には、とてもなりそうにない雰囲気。となるとエレンが人生の全てであるミカサ[ CV:石川由依 ]心配。

少なくとも両親の死以降、ミカサの強さを支えているのはエレンの存在であり、そして自己暗示とも言えるその自信。もし前者を失い、そしてそれをきっかけに後者をも失ってしまうとするとどうなるか?それこそ戦うミカサから、巨人のエサになりはててしまう気がする。

進撃の巨人(@TOKYO MX) / アニメーション制作:WIT STUDIO

|

« カーニヴァル(第6話) | トップページ | 這いよれ!ニャル子さんW(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57372330

この記事へのトラックバック一覧です: 進撃の巨人(第6話):

« カーニヴァル(第6話) | トップページ | 這いよれ!ニャル子さんW(第6話) »