« デート・ア・ライブ(第7話) | トップページ | とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第6話) »

革命機ヴァルヴレイヴ(第6話)

やはりサキ[ CV:戸松遙 ]のキスはハルト[ CV:逢坂良太 ]への好意からじゃない。そう考えて良いだろうな。そして今回の一件は、サキに死亡フラグが立ってしまったようにしか見えない・・。

幼少期のトラウマがそうさせるのかもしれないけど、今のサキはどうにも生き急いでいるというか、自らで破滅に向かって突進しているように見えるんだよね。これはいわゆる典型的なシナリオに俺がしばられているだけなのかもしれないけど、サキには死なないで欲しい・・。

しかし同じ能力を持っていたとしても、相手に身体を使われているときに意識が戻る事は無いんだろうか?それこそ、ハルトとサキが入れ替わるみたいな。それはそれで面白いことになりそうだけど、この作品の方向性とはあまりに違いすぎるか。

革命機ヴァルヴレイヴ(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« デート・ア・ライブ(第7話) | トップページ | とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57412892

この記事へのトラックバック一覧です: 革命機ヴァルヴレイヴ(第6話):

« デート・ア・ライブ(第7話) | トップページ | とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第6話) »