« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第9話) | トップページ | ちはやふる2(第22話) »

デート・ア・ライブ(第10話)

折紙[ CV:富樫美鈴 ]の両親の敵が琴里[ CV:竹達彩奈 ]―かもしれない。せっかくの折紙さんの女の子アピールも吹っ飛んでしまうよ。もしこれが本当なら。

琴里が「覚えてない」と言ってはいるものの、士道[ CV:島崎信長 ]の記憶にかすかに残るその光景は、琴里が精霊の力を上手く制御できていないようにも思える。そもそも、どうして琴里が精霊になったのかって疑問は残ってるんだけど。

いつもは自分の感情を表に出すような事はまずあり得ない折紙が、あれだけ憎しみと込めて語っていたことを思うと・・・。本当に琴里が犯人だって言うならば、士道はどちらを庇うことになるんだろう。「2人とも助けたい!」的な、綺麗事が通用する状況にはとても見えないけど。

デート・ア・ライブ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AIC PLUS+

|

« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第9話) | トップページ | ちはやふる2(第22話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57557806

この記事へのトラックバック一覧です: デート・ア・ライブ(第10話):

« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第9話) | トップページ | ちはやふる2(第22話) »