« デート・ア・ライブ(第11話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第11話) »

革命機ヴァルヴレイヴ(第10話)

1号機だけに備わっているガイドプログラム。それはすなわち、"噛みつき"の症状も他のパイロットとは違うってことになるのか。だけどサキ[ CV:戸松遙 ]がそれほど抵抗せずにハルト[ CV:逢坂良太 ]を受け入れたことには、それほど驚きがない。

ハルトの「自分は人間じゃない」という孤独感は、おそらくサキがこれまで人生の中でずっと感じ続けてきたそれとよく似ていたんだと思う。ハルトがどう思っていたかというよりも、サキの目にどう見えていたかって意味でね。

だからサキがハルトの事を異性として好きだったのかは、正直怪しいと思っている。だけどショーコ[ CV:瀬戸麻沙美 ]の気持ちと、ショーコに対するハルトの気持ちを見てしまった後では、もうサキにほとんど選択肢は残っていなかった。

しかしショーコもまた、随分とわかりやすいフラグを堂々と立ててしまったもんだ・・。

革命機ヴァルヴレイヴ(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« デート・ア・ライブ(第11話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57600741

この記事へのトラックバック一覧です: 革命機ヴァルヴレイヴ(第10話):

« デート・ア・ライブ(第11話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第11話) »