« はたらく魔王さま!(最終話:第13話) | トップページ | フォトカノ(最終話:第13話) »

やはり俺の青春ラブコメは間違っている。(最終話:第13話)

▼最終話
ただひたすらに鬱陶しいだけだと思っていた材木座[ CV:檜山修之 ]にこんな活躍の場が用意されていたとは(笑)。海老名[ CV:ささきのぞみ ]とのコンビがここまでしっくりくるとはね。

しかし気がつけば、その2人を体育祭の盛り上げ役に抜擢したのは八幡[ CV:江口拓也 ]なんだよな~。結衣[ CV:東山奈央 ]に思わせぶりに耳打ちして、あくまでも自分が積極的に参加していないという演出を入れるあたり、いかにも八幡らしいけどね。

あくまでも番外編ってことで、八幡と結衣、八幡と雪乃[ CV:早見沙織 ]の関係が急に進展したりはしないんだけど、この3人が自然と「奉仕部」で活動しているという事実だけで、ちょっと―いや、相当に嬉しくなってくるよね。

▼ラブコメ度は低い
八幡自ら「間違っている」というだけあって、思ったよりも八幡と結衣や雪乃との恋愛エピソードは少なかったかなぁ。この表現は少々正確じゃないか。結衣は最初から最後まで、恋に悩む普通の女子高生だったかも。俺は知らないうちに雪乃が八幡を好きになるのでは?という期待をしてたのかもね。

そう考えると、この作品のストーリーは実は結衣の成長が最も見せ場の多いテーマで、八幡とか結衣はそのための脇役だったのでは?とも思えてくる。結局、その恋が実るのか実らないのかはまだ分からないけど、ようやく最初の1歩を踏み出せたって考えると、その意味は大きいに違いない。

▼シニカルすぎるヒッキー
八幡がボソボソと愚痴る皮肉が、あまりにも的を射てるもんだから、いつも「その通り!」と頷いてた。そんな冷めたことばっかり言ってても・・ということは分かっていても、俺の常日頃の思考とヒッキーのボッチ思考はかなり似てるのかも。

いや、たぶん誰しも八幡みたいなちょっと自分を卑下して、その行為自体に悦に入りたくなるときがあるはず。それが良いことだとは思わないにしても、シンパシーを感じるという点において、八幡はこれまでのラブコメ作品に類を見ない主人公だね。

▼及第点とは言いづらい作画
最終話はそれなりに安定してたよね。そして1話もしかり。ブレインズ・ベースは夏目友人帳でも似たような感じだった。どうにも中盤の作画の荒さは目について仕方ない。キャラデザが俺の好みだっただけに、これは残念だった。

|

« はたらく魔王さま!(最終話:第13話) | トップページ | フォトカノ(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57685447

この記事へのトラックバック一覧です: やはり俺の青春ラブコメは間違っている。(最終話:第13話):

« はたらく魔王さま!(最終話:第13話) | トップページ | フォトカノ(最終話:第13話) »