« ハヤテのごとく!Cuties(第11話) | トップページ | はたらく魔王さま!(最終話:第13話) »

断裁分離のクライムエッジ(最終話:第13話)

▼最終話
原作が完結していない作品の宿命か。それにしても消化不良の感は否めないよなぁ。ウィッチー[ CV:田村ゆかり ][ CV:花江夏樹 ]を煽るだけ煽ってお終いだし。

そんな中、エミリー[ CV:日高里菜 ][ CV:小岩井ことり ]が随分と仲が良さそうで、これにはホッとした。やっぱりエミリーには妹キャラが似合ってる。たぶん、まだ切とは会えないと思うけどね。

たぶん切が正気を取り戻したのは祝の髪の毛のおかげだと思うし、何よりも幸せそうに祝の髪の毛を切っている切を見せられると、納得感がないわけじゃないけど。肝心のキリンググッズの種明かしとかは一切ないまま、そしておそらく2期は厳しいんじゃないかと・・。

▼好みの世界観
1話が始まる前から、この作品の根底にあると思われた"フェチズム"には興味津々だった。直接的なエロを求めるならエロアニメでも見ておけっていう話で、こういう間接的にエロティックな何かを連想させる題材って、俺的には至高の1つ。

だからちょっとばかり期待しすぎたのかな~。蓋を開けてみれば、この作品は結局バトルがストーリーの中心なんだよね。原作者はその意図を持ってないのかもしれないけど、少なくともアニメでは1話の中での構成でも、そして作品全体の構成でもそれが中心になってしまってる。こうなると、せっかくの世界観も生きてこないよね。

▼キャラデザの問題
この作品にエロを感じない理由の1つは絵柄。最近のアニメではあんまり流行らなくないか?と思うくらいに、頭と目が大きくて頭身が小さく見える。アニメの良いところは絵だけじゃないと分かっていても、作品の世界観に没入できるきっかけはやっぱり絵なんだよね。

確かに祝が可愛いな~と思う事も多々あったんだけど、切の視点で疑似恋愛を楽しんだりするところまでは届いてない。これは個人の嗜好の世界だから、あくまでも俺の主観としてね。

▼低調な作画
まずどうしてバトルシーンを白黒にしてしまうのか?鮮血の演出を避けるための手法だとすると、Blu-rayではカラーなんだろうか。残酷表現を美化するつもりはないけど、俺はあの演出はむしろ白けてしまった。だったらカラーのままで違う見せ方を考えてくれた方がよっぽど良い。

制作スタッフも豪華だし、作品としては相当に練り上げられてアニメ化されていると思うんだけど、俺には最初から最後まで肌が合わなかったかな。何か1つの要素がというよりも、作品全体がね。

断裁分離のクライムエッジ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:Studio五組

|

« ハヤテのごとく!Cuties(第11話) | トップページ | はたらく魔王さま!(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57679649

この記事へのトラックバック一覧です: 断裁分離のクライムエッジ(最終話:第13話):

« ハヤテのごとく!Cuties(第11話) | トップページ | はたらく魔王さま!(最終話:第13話) »