« 断裁分離のクライムエッジ(最終話:第13話) | トップページ | やはり俺の青春ラブコメは間違っている。(最終話:第13話) »

はたらく魔王さま!(最終話:第13話)

▼最終話
最後はやっぱりシリアスな展開になってしまうかな~と、覚悟はしていた。だけど猿江[ CV:井口祐一 ]が大暴れした後始末は、あっさりと真奥の回想でお終い(笑)。

千穂[ CV:東山奈央 ]の夢オチは何となく想像できたけど、さらに恵美[ CV:日笠陽子 ]の夢オチを重ねてくるあたり、「面白い演出」って何かをよ~く分かってるよね。

大量に運び込まれる荷物とブルーシートで、もしや魔王城に何か新しい物が作られているのでは?という雰囲気を漂わせておきながら、漆原[ CV:下野紘 ]が悪質商法に引っかかっただけという、実に地球的なオチ。やっぱこの作品は底抜けに面白いわ。

▼その発想はなかったわ
2ch的な定型句だけど、勇者と魔王、そして剣と魔法というアニメ的には王道の題材でここまで生活感満載の作品は、未だかつてない。文字面で見ると凄くつまらなそうなんだけど、このミスマッチがここまで面白いとはね。これはやっぱり作品を作る人のセンスが良いんだと思う。

どうしてもこういう作品は途中からシリアス路線に転換し始めて、最後は何か地球の命運を賭けての戦いになるのがお約束。だけど俺はそういう展開はあんまり好きじゃないんだよね。だからこの作品のシリーズ構成には拍手。1話から脈々と続く何とも言えない脱力感。お見事でした。

▼テレアポ勇者
恵美ってあんまり人気はないみたいだけど、俺は「はたらく魔王さま!」の中では恵美が一番好きだな~。やっぱり勇者っていう肩書きを持ってるだけあって、仕事も私生活も真面目なんだけど・・。

なんだろう、あの負け犬感というか、恵美から漂ってくる苦労人のオーラにはついついうなずいちゃうんだよね(笑)。ラブコメのヒロインに対して感じる物とは違って、ものすごく同情してしまうという。そんな恵美が最後に見せたあの笑顔。敢えて口元だけっていうあの演出と、そして傘をクルクルまわしちゃうテンション。これまた分かるな~。

▼これだけの作品なのに・・
この作品の唯一とも言って良い残念な点。それは作画だ。作画崩壊というレベルでは全然ないんだけど、どうしても所々でのキャラデザの"荒さ"が目に付くんだよね。特に千穂が顕著にその傾向。キャラクターの画作りにもっと安定感が欲しい。

ストーリーや世界観、そしてキャラクターの作品全体を通して感じられる面白さとこれだけ素晴らしい作品に仕上がってるんだから、作画にももう一声、どうしても期待したくなる。これだけの作品ならおそらく2期があると思うので、そちらでは是非。

はたらく魔王さま!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:WHITE FOX

|

« 断裁分離のクライムエッジ(最終話:第13話) | トップページ | やはり俺の青春ラブコメは間違っている。(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57679659

この記事へのトラックバック一覧です: はたらく魔王さま!(最終話:第13話):

« 断裁分離のクライムエッジ(最終話:第13話) | トップページ | やはり俺の青春ラブコメは間違っている。(最終話:第13話) »