« 惡の華(第9話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第10話) »

変態王子と笑わない猫。(第9話)

陽人[ CV:梶裕貴 ]に取っては「仲直りのキス」なのかもしれないけど、[ CV:石原夏織 ]にとっては、それ以上の意味を感じるはずだよね。それはもう、月子[ CV:小倉唯 ]が嫉妬するくらいに(笑)。

結果的にはエミ[ CV:寺川愛美 ]も消えなかったし、梓とも仲直りできて一件落着。そうなのか?結局、エミと陽人が過去にどんな約束をしたのか、陽人の記憶はかなりあやふやなままだったよな。

エミのいう「100%の笑顔」っていうのは、おそらく月子なんだろう。陽人の好きな人っていうのが月子の事だって言うのは、もう間違いない。となると、月子の笑顔を取り戻すためにはエミの存在が実はカギなのか?しかし、猫神効果の消えた毒気100%のエミもなかなか良いね(笑)。

変態王子と笑わない猫。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 惡の華(第9話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57557844

この記事へのトラックバック一覧です: 変態王子と笑わない猫。(第9話):

« 惡の華(第9話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第10話) »