« 断裁分離のクライムエッジ(第10話) | トップページ | はたらく魔王さま!(第10話) »

RDG(第10話)

学園祭のエピソードっていうと、やっぱり楽しいっていう気持ちと、そして主人公とヒロインの距離が縮まるような出来事に期待したくなる。だけどRDGの場合は、まるで泉水子[ CV:早見沙織 ]の不安な気持ちが乗り移ったかのように、「何か起こるんじゃないか」っていう心配が先に来てしまう。

真響[ CV:米澤円 ]が姫役っていう早川[ CV:宮野真守 ]の口車に上手いこと乗せられた・・・と言うわけじゃない?早川は高柳[ CV:野島裕史 ]と公の場で対峙できるよう、策を巡らせたということで良いんだろうか。

放送という場に、しかも泉水子と一緒に呼ぶことで真響を逃げられなくするだけじゃなくて、あの放送を聞いた多くの人が「真響は早川の策にはまった」と思うはず。たぶんそれに意味があるって事だと思うんだけど・・ちょっと今回のエピソードは難解。

RDG(@TOKYO MX) / アニメーション制作:P.A.WORKS

|

« 断裁分離のクライムエッジ(第10話) | トップページ | はたらく魔王さま!(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57539157

この記事へのトラックバック一覧です: RDG(第10話):

» RDGレッドデータガール~第10章 はじめての... [ピンポイントplus]
 角川文庫創刊65周年記念作品。 あらゆる人々が手に入れたいと思うほど、唯一無二の力を持つ存在。 中学3年生の鈴原泉水子には不思議な力が? 第10話 学園祭で後輩に声を... [続きを読む]

受信: 2013年6月 9日 (日) 12時04分

« 断裁分離のクライムエッジ(第10話) | トップページ | はたらく魔王さま!(第10話) »