« はたらく魔王さま!(第12話) | トップページ | やはり俺の青春ラブコメは間違っている。(第12話) »

RDG(最終話:第12話)

▼最終話
打倒高柳[ CV:野島裕史 ]のはずの学園祭が、いつのまにか深行[ CV:内山昂輝 ]真澄[ CV:木村良平 ]泉水子[ CV:早見沙織 ]を巡る恋のバトルに。

"幽霊"を必至になぎ払っていたけど、あれこそまさに真澄の気持ちの強さが具現化された存在だと思うんだよね。だからちょっと映像的には不気味だけど、青春してるな~!っていう清々しい気持ちで見る事が出来た。今回は深行の気持ちが勝ったと言うよりも、真澄が1歩退いたって感じかな。

しかしこうなると真響[ CV:米澤円 ]が平静を保てるか凄く心配だった。やっぱり真澄も、「泉水子が好き」と言いながらその瞬間に真響の存在が心に引っかかったんじゃないのかな。

直接的な愛の告白もなければ、キスもしない。だけど深行と泉水子が最後にベンチで話しているのを聞いて、ものすごく充実した気持ちになれた。

▼ピュアなラブストーリー
あんまり「恋愛」っていう要素を表には出してこないんだけど、やっぱり作品の中心は泉水子と深行のお互いがお互いを思う気持ちだったかな。たぶん泉水子は深行のことを凄く大切に思ってるんだけど、当然ながらそれを素直には気持ちに出来ない。

もちろん、それは泉水子だけの気持ちの問題じゃなくて姫神[ CV:田中理恵 ]という存在があったから。俺も途中から「もしかして、泉水子は別に深行のことを好きではないんじゃないか?」と思っていたくらいだし。自分の事で精一杯っていう感じは、常にあったけどね。

だからその泉水子が自分の気持ちを躊躇なく全面に出していたり、深行の気持ちを一生懸命受け止めようとしたりしている最終話を見ていると、泉水子の成長に思わず頬が緩んでしまった。OPで誰かとキスをしている泉水子の映像はかなり衝撃的だったけど、今ならあの場面もそれほど違和感を感じないかも。

▼ピュアなキャラクター
これはストーリーにも通じるんだけど、深行や泉水子が自分の思っていることを上手く相手に伝えられない場面を多々見ていると、どうにもじれったくてもどかしい。たぶん相手も「それが本心じゃない」ことは分かってると思うんだけどね・・。

このあたりがまだまだ「駆け引き」っていう言葉とは無縁の、深行や泉水子の純粋な部分なんだろうな。そして真響もまた別の意味で純粋。ひたすら真夏に一直線、そして思った事をはっきり言える。この圧倒的に違う性格の2人が、良い意味でお互いの存在を意識して影響し合っていたかな。

▼動きは多くない
P.A.WORKSの作品のクオリティは言うまでもないけれど、俺がいつも思うのは人の動きの作り方の上手さ。人が動くときはまずこの関節が動いて、そして次に・・っていう部分が凄くリアル。

この作品だと、それが最も顕著だったのは泉水子の"舞"かな?ただ、泉水子が身体の動きとかラインが分かりにくい服を着てることがほとんどで、俺が期待してる部分はあんまり作品として出てこなかったのかもしれない。

RDG(@TOKYO MX) / アニメーション制作:P.A.WORKS

|

« はたらく魔王さま!(第12話) | トップページ | やはり俺の青春ラブコメは間違っている。(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57633018

この記事へのトラックバック一覧です: RDG(最終話:第12話):

« はたらく魔王さま!(第12話) | トップページ | やはり俺の青春ラブコメは間違っている。(第12話) »