« 惡の華(最終話:第13話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第13話) »

変態王子と笑わない猫。(最終話:第12話)

▼最終話
ハッピーエンドのようでありながら、ちょっと微妙な気分でもある。何故かと言えば、結局のところ月子[ CV:小倉唯 ]に笑顔が戻らなかったから。原作続刊中だし、そこでもまだ月子の表情が戻ってないとすると仕方ないけどね。

その月子とつくし[ CV:田村ゆかり ]の記憶にあるつかさ[ CV:櫻井浩美 ]との思い出が、陽人[ CV:梶裕貴 ]の物だったとはね・・。未だに思い出を胸に刻むことが許されないっていう陽人の"願い"もまた、ちょっと切ない気持ちにさせてくれる。

だけど最後の遊園地デートは、そんな気持ちを吹っ飛ばしてくれるくらい、みんなの笑顔が印象的だった。俺的にはイチオシの副部長[ CV:高倉有加 ]が最後に見せ場を作ってくれて、実に良い気分だった(笑)。

▼意外とシリアス
陽人のキャラクターもあって、作品全体の雰囲気はあくまでも明るくて笑いが中心って感じだけど、「猫神様」にかなえてもらったそれぞれのお願いは結構な割合でシリアスな物が多かったかな。それ故に、ストーリーとしてはかなり重い印象が残ってる。

最終話近辺のつかさとの思い出なんてその代表格だし、[ CV:石原夏織 ]も1歩間違えば鬱ルートに突入しちゃったんじゃないかって思うくらい、過去を引きずってるし。

▼キャスティングの妙
月子と小倉唯っていう組み合わせは、実にナイスキャストだったと思う。あの月子の無表情で感情がこもってないようでいて、実はいろいろと意思表示をしているという、何とも演じにくいキャラクターなんだけどね。これは見事だった。

OPやED、そしてキャスティングにはいろいろと大人の事情を感じさせるけれども、これだけ作品にマッチしているんであれば、俺は問題ないと思うけどな~。原作から好きな人には「アレは違う!」って思う部分もあるだろうけど、100%全ての人が納得するキャスティングなてあり得ないしね。

▼どうしたJ.C.STAFF
1年前の俺が制作会社を伏せてこの作品を見せられたら、まず絶対にJ.C.STAFFが制作したとは思わない。それだけこの映像クオリティは驚愕だわ。制作環境の解像度を上げたのか、はたまた撮影時のフィルタを変えたのか。

理由は分からないけど、これからもあの「もやっ」としたピンぼけ風の映像だけは勘弁して欲しいね。

変態王子と笑わない猫。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 惡の華(最終話:第13話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57700532

この記事へのトラックバック一覧です: 変態王子と笑わない猫。(最終話:第12話):

« 惡の華(最終話:第13話) | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第13話) »