« 進撃の巨人(第13話) | トップページ | カーニヴァル(最終話:第13話) »

翠星のガルガンティア(最終話:第13話)

▼最終話
チェインバー[ CV:杉田智和 ]が最後にストライカー[ CV:藤村歩 ]に向かって吐き捨てたセリフ。「このブリキ野郎」。このセンスと格好良さには脱帽だわ。そしてチェインバーがおそらく自分を犠牲にするであろう予感は、何となくしていた。

果たしてチェインバーにそんな感情があったかどうかは定かではない―というよりも、まずなかっただろうとは思うけど、レド[ CV:石川界人 ]が自らの意志でガルガンティアを守る、ストライカーと戦うと決めたという事実は、ものすごく嬉しかったんじゃないかな~。俺は嬉しかったけどね。

最後はユンボロから普通に出てきただけのレドが、妙に格好良く見えて、そして頼もしくも見えた。確かにチェインバーの力が無くなった今の方が絶対的な行動力は落ちてるんだけど、そんなことはあまり気にならない位だったね。

▼異文化コミュニケーション
アニメ作品の主人公って、あまりにも違う世界に飛ばされても意外と2話目にはすんなりと馴染んじゃうものだけど、レドはそう簡単には心を許さなかった。そしてこれがある意味で"普通"なんだと思う。

俺から見るとエイミー[ CV:金元寿子 ]たちが嘘を付いているとも思えないし、友好的な態度だってことは疑いようがないんだけど、そもそも"友好"という事を理解しないレドには、それが意味をなさない・・。

そういう状況でも、最後はレドがガルガンティアを守るために戦ったっていう事実が、それまでに積み上げてきた物の意味を物語ってるよね。途中、もどかしい思いもあったけど、レドが自分の選択が間違っていないと自身を持ってくれたことが一番嬉しかったかも。

▼一致団結しないガルガンティア
ピニオン[ CV:小西克幸 ]みたいな自己中の男もいれば、リジット[ CV:大原さやか ]のように真面目過ぎて苦しんでる人もいる。ガルガンティアって決して日和見主義者の集まりじゃないんだよね。

それがまた、この作品のテーマである人とのコミュニケーションや繋がりってことも難しさと大切さをリアルにしてくれる。決して誰かの言うことが正しいとか間違ってるとか、そういう簡単な解釈だけじゃ片付けられないもんなんだよね。

▼リアルな洋上生活
3DCGを駆使したバトルシーンも見所だけど、俺が感心したのはガルガンティアを始めとした船の生活空間がとにかくリアルだってこと。いや、リアルというと実際にそういう物があることになってしまうのでちょっと違う。

それこそ今はあまり見なくなった"駅前商店街"をそこに再現したかのような、あの何とも言えない密度感。こういうところで育っているからこそ、エイミーみたいな純粋な女の子になれるってことがそれだけで伝わってくる。この生活感は俺は特に気に入ったね。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

|

« 進撃の巨人(第13話) | トップページ | カーニヴァル(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57706893

この記事へのトラックバック一覧です: 翠星のガルガンティア(最終話:第13話):

« 進撃の巨人(第13話) | トップページ | カーニヴァル(最終話:第13話) »