« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第12話) | トップページ | 革命機ヴァルヴレイヴ(最終話:第12話) »

ちはやふる2(最終話:第25話)

▼最終話
富士崎の桜沢先生[ CV:林原めぐみ ]。富士崎と対戦したときから分かっていた事だけど、この人は若いのに人を見る目が凄い。富士崎の合宿に参加すれば、もしかして千早[ CV:瀬戸麻沙美 ]も一皮むけるんじゃないかって期待ができる。

その千早の口から、遂に「[ CV:細谷佳正 ]が好き」って言葉が出た。何となく、いや明らかに新の事を好きなんだろうと思っていたけど、まだまだ千早には自分でその気持ちに気づく余裕がないと思っていた。今回の手術と入院が1つのきっかけだったんだろうか。

最初は全く違うステージにいた3人が、こうして同じ舞台に顔を揃えた。太一[ CV:宮野真守 ]だってまだまだ強くなりそうだし、もちろん千早と新の2人がどこまで力を伸ばすのかも楽しみ。2期はこういう形での終幕だけど、これだけの人気作品、3期も楽しみだ。

▼思い通りにならない勝負
瑞沢は「団体戦優勝」という大きな目標を最後に達成した。だけど今回のアニメ化では、この無謀とも思える千早の目標に向かって、挫折を繰り返す苦しい展開が多かったように思う。

俺としては千早が圧倒的な強さで勝つ試合が見たかった。けれど、僅差ながら勝ったり惜しい試合を落としたりという千早を見ていると、それ毎に千早がたくましくなっていくように思えたんだよね。そういう千早の成長を見ていくことが段々と楽しみになってきていた。

単に圧倒的に勝つことだけがエンターテインメントとしての面白さじゃないってことだな。

▼バランサー奏
こうして全25話を終えてみると、[ CV:茅野愛衣 ]っていうキャラクターの位置づけが実に上手い。誰にも媚びることのない芯の通った彼女の強さは、時に千早や太一よりも精神的にタフなんじゃないかって思うくらい。

それでいて、千早のことを「あんぽんたん」とか言っちゃうあたり、よく分かってるな~って思う(笑)。肉まんくん[ CV:奈良徹 ]机くん[ CV:代永翼 ]には悪いけど、サブキャラの中では絶対にチームに欠かせない人材だね。

▼安定の作画
この作品に対して、いや、日テレとマッドハウス、そしてVAP製作の深夜アニメに関しては、いつものことながらその作画の安定度合いにホッとする。

かるたって動きが少ないように見えて、一瞬の素早い動きや間の演出とか、作品のテンポや没入度に関わる重要な画が多い。そういうかるた独特の画作りに関しては、少なくとも素人の俺が十分に楽しめるクオリティだった。

ちはやふる2(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第12話) | トップページ | 革命機ヴァルヴレイヴ(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57700502

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる2(最終話:第25話):

« とある科学の超電磁砲S<レールガン>(第12話) | トップページ | 革命機ヴァルヴレイヴ(最終話:第12話) »