« 這いよれ!ニャル子さんW(最終話:第12話) | トップページ | BROTHERS CONFLICT(新番組:第1話) »

ハヤテのごとく!Cuties(最終話:第12話)

▼最終話
ハヤテ[ CV:白石涼子 ]はいったい誰とキスをするのか!?アバンで負け犬公園で全員集合してるあの場面を見せる必要は絶対になかったと思うんだけどな~。あれがなければもっと楽しめたのに。

ハヤテにとって最後の頼みの綱だった千桜[ CV:藤村歩 ]。意外にも千桜ってのもアリだな~と思って見てたんだよね。もしハヤテが土下座して頼んだら、いやたぶんそこまでしなくても千桜ならOKしてくれるんじゃないかと思ったから。

ま、だけどやっぱりそれはメインヒロインナギ[ CV:釘宮理恵 ]のお仕事だったな。今回の一件が"黒椿"絡みということで、ナギの幸せを一生懸命に考えていたんだってことも納得。だけどハヤテのデコチューだけはいただけないわ(笑)。

▼難しい作品
内容が難しいワケじゃないんだけど、俺にとってのハヤテのごとく!は未だに何のジャンルに属してるのか、はっきりしないボヤッとした作品像を持ってる。それは結局のところ、「どう楽しんで良いのか分からない」ことになるんだよね。

いつも、それもどのエピソードでもってことはないし、ナギやヒナギク[ CV:伊藤静 ]といったキャラクターの魅力も十分に理解は出来る。出来るんだけど、面白い!と思えるエピソードと「なにこれ?」というエピソードの振れ幅が大きすぎるんだよね。

サンデー連載作品の中でも人気があるのは分かってるつもりだけど、原作がどういう雰囲気の作品なのかますます謎だな。そしてそれを読もうという気力にまでは至らない・・。

▼そして難しい登場人物
これは難しいという表現は正しくないのかなぁ。Cutiesではハヤテとナギがボロアパートで白皇学院の生徒を始めとしたヒロインと同居しているのに、その設定については何の説明もなし。これまでテレビアニメではほとんどと言って良いほど登場していないキャラクターが、普通にメインキャラ扱い。

これはどういう人に向けたサービスなのかなぁ?原作ファン?OVAとか劇場版?どうにもこの一見さんお断りな雰囲気は、馴染めないよね。知らないキャラとどうしてそこまで会話が盛り上がってるんだ・・っていう違和感が先に来てしまう。ちなみに、ルカ[ CV:山崎はるか ]は可愛かった。

▼前作の雰囲気そのまま
「CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」に引き続いてマングローブの制作。この絵柄にももう違和感はないな。今回はハヤテがあんまり戦ってないんだけど、その分、サブヒロインがまぁてんこ盛り!

これだけ登場人物が多い割には、絵柄もゴチャゴチャした印象がないし、何より色彩が凄くソフトで安心するんだよね。ギャグ多めの作品ながら、こういう落ち着いた絵柄をマッチさせてるのはなかなか大したもんだと思う。

ハヤテのごとく!Cuties(@テレビ東京) / アニメーション制作:マングローブ

|

« 這いよれ!ニャル子さんW(最終話:第12話) | トップページ | BROTHERS CONFLICT(新番組:第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/57719726

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく!Cuties(最終話:第12話):

« 這いよれ!ニャル子さんW(最終話:第12話) | トップページ | BROTHERS CONFLICT(新番組:第1話) »