« 進撃の巨人(第19話) | トップページ | サーバント×サービス(第7話) »

<物語>シリーズ セカンドシーズン(第6話)

6話から真宵[ CV:加藤英美里 ]のエピソード、まよいキョンシー。[ CV:神谷浩史 ]のモノローグから始まると、いつもの物語シリーズが始まった感じでちょっと安心する。

ところがだ。肝心の真宵は一言も喋らないどころか、登場したのはトレードマークのリュックだけ。「真宵を捜す」のが目的になるのか?なんだかんだで、[ CV:坂本真綾 ]と一緒に11年もタイムスリップするという、なかなかの超展開。タイムパラドクス的なSF設定はどうするつもりなんだろ。

この11年前の5月という日付。当たり前だけど何の意味もないわけがない。斧乃木[ CV:早見沙織 ]と暦の意味深な"死"を巡る会話。これがヒントだと考えるのが自然だよね。つまり行き着いた過去の世界では、まだ真宵が生きているんじゃないか?ってこと。

だけど生きてる真宵に会ったとして・・どうするんだろ?今から死んじゃうよって言うのか?

<物語>シリーズ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:SHAFT

|

« 進撃の巨人(第19話) | トップページ | サーバント×サービス(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58025248

この記事へのトラックバック一覧です: <物語>シリーズ セカンドシーズン(第6話):

« 進撃の巨人(第19話) | トップページ | サーバント×サービス(第7話) »