« 進撃の巨人(第22話) | トップページ | 神のみぞ知るセカイ 女神篇(第10話) »

ブラッドラッド(最終話:第10話)

▼最終話
冬実[ CV:野水伊織 ]は結局、自分の選択として生き返ることを望んだってことで。それはつまり、スタズ[ CV:逢坂良太 ]との記憶を失うかもしれないと言うことを、理解しての選択。

だけどどうだろうな。もしかすると今のスタズなら、そんな障害でも乗り越えてくれるんじゃないか。そんな頼もしさを冬実は感じたのかもしれない。自信なさげに蚊の鳴くような声を絞り出していた冬実と、スタズに"連れ出してもらう"事を選んだ今の冬実では、覚悟の程が違うと思う。

そんな冬実とスタズの行方、さらにはベル[ CV:ブリドカット セーラ 恵美 ]との恋のバトルの行方・・などなど、ようやくストーリーも盛り上がってきた所だったのに。これでお終いか。分割2クールって雰囲気の終わり方でもなかったし、消化不良の感は否めないな。

▼中だるみが惜しい
後半は最終話の感想のとおり、キャラクター同士の人間関係とか恋愛模様がストーリーと良い具合に絡まってきて、じわじわと盛り上がってきていた。そこでの最終話ってのがもったいない。

そこへたどり着くための欠かせない道程とは言え、中盤は俺的には退屈なエピソードが多かったんだよね。スタズが冬実を生き返らせる目的を求める、いわば自分探しの旅。これって本人には有意義なのかもしれないけど、端から見てると単なる独りよがりってことも多い訳で。

▼ヒロインよりもサブヒロイン
メインは冬実。これは間違いない。サブはベル。そして時点にリズ[ CV:南里侑香 ]。しかし幽霊と言うこともあってどうにも影が薄い(上手いこと言った)冬実よりも、俺はベルとリズが気に入った!

意外と乙女なところのあるベルだったり、泣き虫で甘えんぼのリズだったり、人間じゃないはずなのに何処か人間くささを感じるこの2人には、もう少し活躍の場を用意してあげて欲しかった。リズも最後は仮面なしで登場して欲しかったけどな~。残念。

▼少年漫画の王道作画
スタズとウルフ[ CV:寺島拓篤 ]のバトルシーンに、ブラッズ[ CV:木村良平 ]のいかにも悪役なオーラ。作品の絵柄は正義のヒーローが悪の吸血鬼をぶっ倒す、少年漫画の王道という雰囲気。

この絵の雰囲気と、実際の作品とのギャップが良い具合にバランスしてた。だってスタズ本人も言ってたけど、スタズの役どころは完全に悪玉のボス(中ボス)って感じだもん。つまりこの作品では、悪役同士がなにやら切磋琢磨しているという、実に不思議な世界観。この絶妙な違和感が良かった。

ブラッドラッド(@TVK) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« 進撃の巨人(第22話) | トップページ | 神のみぞ知るセカイ 女神篇(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58162466

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッドラッド(最終話:第10話):

« 進撃の巨人(第22話) | トップページ | 神のみぞ知るセカイ 女神篇(第10話) »