« サーバント×サービス(第12話) | トップページ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(最終話:第12話) »

神のみぞ知るセカイ 女神篇(最終話:第12話)

▼最終話
朝日を浴びたちひろ[ CV:阿澄佳奈 ]の笑顔がめちゃくちゃ輝いてた。そしてギターを抱えたまま涙を流すちひろも。分かっていたつもりだったけど、やっぱりちひろは桂馬[ CV:下野紘 ]の事を嫌いになれないんだろうな・・。

最後はやっぱりゲーム画面の前に座っていた桂馬だけど、屋上で流していた涙の理由は、決して自分の思い通りのシナリオにならなかったからじゃないと思いたい。桂馬だって今回の件でちひろが傷ついていたってことを、理解してたってことだよね?というよりも、そうであって欲しい。

歩美[ CV:竹達彩奈 ]は桂馬のことをまだ好きって言うのか?桂馬に告白したけどほとんど出番のなかったかのん[ CV:東山奈央 ]は?今期は大活躍だったハクア[ CV:早見沙織 ]とは?

まだまだ攻略対象になりそうな女の子ばっかりで、そのエピソードを想像しただけでワクワクしてくる。この後のエピソードも是非、アニメ化して欲しいね。

▼"攻略"の新しい展開
1期や2期は、それこそゲーム感覚で桂馬の攻略を楽しみにしていた。だけどこの3期はかなり趣向を変えてきた。これは原作のストーリーがより深くなってきているからだと思うけど、攻略の裏にある恋愛要素をより鋭くえぐってきた感じだ。

あくまでフィクションの恋愛ではあるし、リアリティのある世界観ではないことは確か。それでも、桂馬は攻略してきた女の子たちのことを本当に単なる登場人物としか思ってないのか?そして桂馬に攻略された女の子たちは、本当に桂馬に対して何とも思っていないのか?この作品の序盤の展開を検証して俯瞰するような展開。

1期や2期のストーリーも好きだったけど、それがあったからこそさらにこの3期も楽しめたんだと思う。そしてできることなら、4期もこの路線で突き詰めて欲しいね。

▼やっぱりヒロイン!
歩美とちひろ。1期の攻略対象の登場人物の中でも、特に俺はこの二人は好きだったな。だからこそこういう形で桂馬にもてあそばれてしまうのはちょっと見てて心苦しくもあり・・。だけどやっぱり、本気で恋する女の子のエピソードは見応えがある!

歩美とちひろのどちらに女神がいるにしても、きっと二人の桂馬に対する「好き」って気持ちは嘘偽りなく、本心からの気持ちに違いないって最初から思っていたし、それを示唆するような展開がずっと続いていた。だからこそ、どっちも応援したかったし、どっちを選べって言われても答えが出ない。

ヒロインの視点から、そして桂馬の視点からもストーリーを楽しめる俺好みの構成だった。

▼ツボを抑えた作画
当然だけど、この作品の作画のポイントは女の子が可愛いかどうか。とにもかくにも、1にも2にもこれですよ。これだけ多くのヒロインと女神が登場した中で、それぞれのキャラクターの特徴をちゃんと抑えてあったかな。

引きの画になるとやっぱり辛いシーンはなかったとはいわないけど、ハクアにエルシィ[ CV:伊藤かな恵 ]、歩美にちひろにかのんにと、ヒロインの表情とか仕草の作画には文句なしだ。

|

« サーバント×サービス(第12話) | トップページ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58260435

この記事へのトラックバック一覧です: 神のみぞ知るセカイ 女神篇(最終話:第12話):

« サーバント×サービス(第12話) | トップページ | 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(最終話:第12話) »