« ステラ女学院高等科C3部(最終話:第13話) | トップページ | ロウきゅーぶ!SS(最終話:第12話) »

ローゼンメイデン(最終話:第13話)

▼最終話
原作はまだ連載中の作品ともなれば、こういう終わり方もやむなしか。ジュン[ CV:逢坂良太 ](まいた方)が1話のダメ人間から、まさかの店長候補でのお誘いにまで成長したんだから、驚くべき変遷だけどね(笑)。

真紅[ CV:沢城みゆき ]たちとも別れてしまい、これからどうなるのか?っていうところで、「まだまだ続きます!」と言わんばかりに引っ張り出され、そして雪華綺晶[ CV:千葉知恵巳 ]まで復活し・・。雪華綺晶、回復するの早すぎ。

斉藤さん[ CV:高森奈津美 ]とももう少し進展あってもよかったけどな~。ここでジュンが「劇団を手伝う」の選択肢を選べば、斉藤さんルート突入なんだろうけど、今のジュンではそれを選ぶ事は無いのかな。

▼前作を知らなくてもOK
アニメ1期の内容とは全然違うけれど、そこはやはり世界観を同じとする作品。前作を見ているといないとでは、感じ方が違うと思う。ただそれって「こういう違いがあるのか!」という発見があるだけで、そうじゃないとストーリーを楽しめないかと言えば、そうじゃない。

この作品の見所は、やっぱりジュンがダメ人間からそれなりに普通の人間に近づいていく成長の部分だよね。しかも中学生とか高校生ならまだしも、既に大学生となっている時点でいろいろ救いようがない・・。真紅ってもっと高飛車で人間なんて相手にしないって雰囲気だけど、実はそうじゃない。

1期だとアリスゲーム中心のストーリーだったけど、今回はジュンの心情描写が中心。そのせいか、真紅の心の内もより人間らしく感じられた気がする。

▼重苦しい世界観の中で
ジュンが陰々滅々とした日々を過ごす中で唯一の太陽、それはもちろん斉藤さん!あんまり恋愛要素もないし、マスターの女の子はどこか心に闇を抱えてるとあって、斉藤さんの存在はかなり異質だったわ。しかもすごく良い娘だし。

にもかかわらず、ジュンは明らかに最初は斉藤さんを「うるさいだけの女」くらいにしか見てないんだもんな~。それだけ自分の殻に閉じこもって他人を蔑んでいたら、そりゃダメ人間にもなっちゃうって。斉藤さんのおかげで、作品の方向性全体も上手くバランスしてたと思うし、サブキャラとしてはかなり重要な位置づけだったね。

▼グレードアップした作画
1話では「繊細な作画」と表現したけど、その印象は最後まで変わらず。だけど水銀燈[ CV:田中理恵 ]なんかはむしろ1期よりもその傲慢さが際立っているようにも感じたんだよね。

このあたりは3DCGを上手く取り入れつつ、ドールの表情とかを細かく密な画作りで仕上げていた結果かな。1期よりはるかに「大人のアニメ」って印象の画になっていて、落ち着いた色づかいのなかに真紅の赤が映える色彩設計も凄く良かった。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« ステラ女学院高等科C3部(最終話:第13話) | トップページ | ロウきゅーぶ!SS(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58280970

この記事へのトラックバック一覧です: ローゼンメイデン(最終話:第13話):

» 2013年03クール 新作アニメ ローゼンメイデン 第13話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[ローゼンメイデン] ブログ村キーワード ローゼンメイデン 第13話 「TALE13 わすれないで」 #rozen2013 コンセプトは「アンティークドールの戦い」。少女漫画の様な作風や美しいドールの衣装から、女性からの人気も高い。画風に関しても、虹彩の細かな書き込みや背景に花を描いたりなど、従来の少女漫画に近い。メディアなどでローゼンメイデンの衣装と作風はゴシックロ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月29日 (日) 15時44分

« ステラ女学院高等科C3部(最終話:第13話) | トップページ | ロウきゅーぶ!SS(最終話:第12話) »