« 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(第11話) | トップページ | たまゆら~もあぐれっしぶ~(最終話:第12話) »

BROTHERS CONFLICT(最終話:第12話)

▼最終話
今は誰とも付き合うつもりはない―。それも確かに絵麻[ CV:佐藤利奈 ]の選んだ答えだし、絵麻自身が悩んだ末にたどり着いた結論だと思う。中途半端に期待を持たせただけって気もするけど・・。

そんな絵麻に言われるがまま、みんな一度は身を引いちゃうあたりがこの兄弟の人の良さという気もするし、ちょっと都合良すぎるような気もする。だって抱きしめてもキスしても絵麻が拒む様子がないんだから、その次にすることと言えば・・・。ねぇ?男なんてそんなもんだと思うんだけど。

しかし最後の絵麻のお馴染みの決めゼリフ、「それがわたしたちキョーダイ」はちょっと意味を深読みしたくなるよね。この危うい関係で成り立っているっていう儚さみたな物も感じるし、家族なんだ!っていう絵麻が自分自身を言い聞かせているようにも聞こえる。そして2期がありそうでなさそうな・・。

でも2期をやるなら、やっぱり絵麻が誰か1人を選ぶっていう展開にせざるを得ないだろうなぁ。それは制作陣の望むところではないのかも。

▼ガチ乙女系作品
これを男の俺が見てどうなんだ?って気もした。突っ込みどころも満載であるけれど、エンターテインメントとして楽しむ分にはなかなかの出来だった。「絵麻が誰を選ぶのか?」っていうラブコメでは絶対に正解のない命題は、もはや様式美。

だから結果的に絵麻が現状維持を選らんだ事は可もなく不可もなく、かな。とは言え、抱きしめ合うところまでから何回かのキスまで、これは普通の"キョーダイ"じゃないだろ!ってところまで関係が進展しているキャラがいるのも事実。このアンバランスな展開も突っ込みどころ満載で、今思えば俺は嫌いじゃないかも。

▼お好みの男子はどちら?
これがいわゆるギャルゲーなら、ヒロインから自分のお気に入りを見つけて楽しむ所なんだけど、乙女ゲーとなればさすがにこの兄弟からお気に入りは見つからず・・。その分、いっつもウブな反応の絵麻には十分に楽しませてもらったからよしとするか。

なので本来はこの作品の一番の盛り上がりどころである「誰とくっつくか」については、誰でも驚かないし誰でも問題なしだね。

▼ただしイケメンに限る
当然のように兄弟の作画クオリティが何においても超重要。これだけ頭身が大きいと適当なバランスでは作画出来ないし、その点においては最後までぬかりない出来だったかな。ただ、最後までキャラの名前が全然覚えられなかったんだけどね(笑)。ま、男にとって男のキャラの位置づけなんてそんなもんです。

BROTHERS CONFLICT(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(第11話) | トップページ | たまゆら~もあぐれっしぶ~(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58221919

この記事へのトラックバック一覧です: BROTHERS CONFLICT(最終話:第12話):

« 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(第11話) | トップページ | たまゆら~もあぐれっしぶ~(最終話:第12話) »