« 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(最終話:第12話) | トップページ | ローゼンメイデン(最終話:第13話) »

ステラ女学院高等科C3部(最終話:第13話)

▼最終話
シリーズ構成としては「最終話は番外編的なお楽しみエピソード」って位置づけだと思うけど、むしろ俺が見たかったのはこういうヤツなんだけどなぁ・・。それはさておき。

そのら[ CV:沢城みゆき ]が解説席に座ってるので、試合に出てくる事はない。となるとゆら[ CV:牧野由依 ][ CV:瀬戸麻沙美 ]の因縁の対決か!?

そんな俺のお約束予測をあっさりと打ち破り、まさかのほのか[ CV:斎藤千和 ]推し(笑)。なるほど、コマンダーともなればカメラ写りまで意識して「見えそうで見えない」を巧に演出していたワケか・・・って、感心するわけがない(笑)。

こんな感じで軽いノリのエピソードをもっと上手く入れ込んでくれればなぁと、改めて感じるエピソードだったな。

▼部活モノのセオリー
題材がサバゲーというかなり特殊なジャンルだけど、C3はやっぱり部活ものだよね。となると、「弱かった部が強い相手に勝つために頑張る」とか、「部員同士の恋愛(C3なら百合か?)」とか、見ててその作品の世界観に没入できるテーマって限られてると思う。

それを敢えて「鬱展開」にチャレンジした?っていう気概は分かるんだけど、如何せん、ゆらの感情に共感出来ないわ周りにそれを支えてくれる人もいないわで、ストーリーとして破綻気味だった。テーマを上手く飲み込めず、消化不良どころかそれ以前の段階で足踏みしてる感じ。原作の内容もこんな感じなのか?

▼俯瞰すら難しい
ゆら視点、そのら視点でストーリーを楽しむのは無理だった。前者はストーリーの尺にあわせて心情変化が激しすぎるし、そのらは何をするでもなくまるで他人事。この2人がメインの主人公だと思うんだけど、この扱いはどうなんだ。

じゃあC3部のメンバーは?それぞれ個性的なキャラクターだとは思うんだけど、ゆらの鬱オーラの前にはもはや大同小異でしかなく・・。C3部がここからどう立ち直るんだ?っていう期待感もないし、何を楽しみに見たら良いのか、途中から全然分からなくなってきた。

▼作画の雰囲気は悪くない
サバゲーってモノにまったく造詣がないし、銃器にもまったく詳しくないけど、「リアルな作画の銃を持たせる」っていう大前提からの画作りだと思う。アクションはかなりオーバーだけど、作画のバランスが悪くないのでそれほど気にならない。

ちゃんと制服が泥まみれになっているあたりは、手抜きせずにちゃんとサバゲーの雰囲気を伝えようっていう努力の賜だと思うし、これだけ動きの多い作品だったけど最終話まで作画のクオリティは一定で安心して見ていられるレベル。それだけに、内容がもったいないね。

ステラ女学院高等科C3部(@TBS) / アニメーション制作:GAINAX

|

« 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(最終話:第12話) | トップページ | ローゼンメイデン(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58280968

この記事へのトラックバック一覧です: ステラ女学院高等科C3部(最終話:第13話):

« 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(最終話:第12話) | トップページ | ローゼンメイデン(最終話:第13話) »