« ロウきゅーぶ!SS(最終話:第12話) | トップページ | 恋愛ラボ(最終話:第13話) »

とある科学の超電磁砲S<レールガン>(最終話:第24話)

▼最終話
最後はみんなで総力戦!美琴[ CV:佐藤利奈 ]がひとりで苦しんでいたミサカ妹[ CV:ささきのぞみ ]の時とは一転しての総動員。これは痛快だ。

誰が一番活躍した!とはなかなか言いづらいけれど、俺の中では2人。婚后[ CV:寿美菜子 ]沈利[ CV:小清水亜美 ]を挙げたいね。婚后が持ってきたあのトンデモメカ。まさかあの巨大な図体をそのまま弾丸として発射するとは・・。

そして美琴との接点はなかったけど、美琴の大ピンチを救った沈利。本人に言わせれば「自分の能力をコケにされた」ことへの単なる仕返しなんだろうけど、あの状況で美琴を敢えてスルーしてるわけで、他意がなかったとは言わせない。オリジナルストーリー故の大団円、スカッとした気分だね。

▼わかりやすいストーリー
外伝ということで、どうしても禁書の方と比べてしまうんだけど、あっちはもはや積み重なった世界観と過去の出来事が俺の頭で処理できなくなってるんだよね。それに対して、こちらは単純明快でストーリーがわかりやすい。

もちろん、禁書の設定や登場人物が巧に絡まっているエピソードもあるんだけど、それを加味しても「美琴が目の前の悪を打倒する」というわかりやすさが大きい。もしかすると、当麻[ CV:阿部敦 ]と違って、美琴のおつむが単純なのも大きいかも(笑)。

▼やっぱり佐天さん
俺は電磁砲メンバーの中では、やっぱりレベルゼロの佐天[ CV:伊藤かな恵 ]がイチオシなんだよね。今期もシスターズ編ではあまり活躍の機会がなかったけど、フェブリ[ CV:野水伊織 ]の事件ではもう主役で良いんじゃないかと思うくらいの大活躍。

そんなひいき目をさておいても、この作品はやっぱり登場人物のキャラクターがしっかりしてる。変にぶれたりすることもないし、それが時には頑固で意固地に見えたりもするんだけど、いろいろな経験がそれを少しずつ変えていく。それを楽しめる作品だと思う。

▼2クール完璧
時にあまり評判の良くないJ.C.STAFFだけど、この作品に関してはそんな心配も無用でしょ!ラインプロデューサーの腕があるのかもしれないけど、これだけ派手に美琴が暴れまくる作品を2クール完走するのは、かなりのパワーがいると思う。

登場人物もこれだけ多い中で、背景とかメカ系には3DCGを使ってクオリティを維持。人間であるキャラクターや能力の演出と3DCGとの映像のバランスも、この作品の特徴の1つなんだよね。これがより近未来的なイメージに繋がっていると思う。

とある科学の超電磁砲S(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« ロウきゅーぶ!SS(最終話:第12話) | トップページ | 恋愛ラボ(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58287599

この記事へのトラックバック一覧です: とある科学の超電磁砲S<レールガン>(最終話:第24話):

» 2013年02クール 新作アニメ とある科学の超電磁砲S 第24話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[とある科学の超電磁砲S] ブログ村キーワード とある科学の超電磁砲S 第24話 「Eternal Party」 #railgun2013 『とある魔術の禁書目録』のヒロインの1人である御坂美琴を主人公として、科学サイドの出来事を描いたスピンオフ作品。 サウンド 音楽 アニソン Rozen Maiden ローゼンメイデン 水銀燈 真紅 水樹奈々 茅原実里 神奈川...... [続きを読む]

受信: 2013年9月30日 (月) 23時45分

« ロウきゅーぶ!SS(最終話:第12話) | トップページ | 恋愛ラボ(最終話:第13話) »