« 境界の彼方(第3話) | トップページ | ガリレイドンナ(第2話) »

蒼き鋼のアルペジオ(第2話)

千早[ CV:興津和幸 ]はどうしてタカオ[ CV:沼倉愛美 ]を沈めなかったのか?今は攻撃できない状態とは言え、それはいずれ元に戻るんだし、イオナ[ CV:渕上舞 ]みたいに、千早の味方になりそうな気配もないし。

単なる情け、というよりもその後のイオナとの会話から推測するに、イオナの精神的な負担(というものがあるのかどうか定かじゃないけど)を嫌ったって感じだよな。イオナにとってタカオはかつての戦友なのか、それとも単に同じ部隊に所属しているだけの他人なのかは分からないけど、やっぱり沈めるって事の意味は大きいよね。

しかし普通なら他の乗組員から千早の判断に異論が出てもおかしくないところだけど、そういう場面は全くなかったな。1話の内容から察するに、みんな千早と同じ士官候補生だったと思うけど、それだけ千早が信頼されてるって事なんだろう。

蒼き鋼のアルペジオ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンジゲン

|

« 境界の彼方(第3話) | トップページ | ガリレイドンナ(第2話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58424247

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼き鋼のアルペジオ(第2話):

« 境界の彼方(第3話) | トップページ | ガリレイドンナ(第2話) »