« WHITE ALBUM2(第3話) | トップページ | 東京レイヴンズ(第3話) »

黒子のバスケ(第28話)

微妙な形でお開きになってしまったストバスの鬱憤晴らしか。誠凜はいつも苦戦しながら勝ち上がってきてたイメージが勝手にあったけど、こういう圧倒的な力の差で勝つって試合も良いよね。その功労者はもちろん木吉[ CV:浜田賢二 ]だ。

そういえば木吉が誠凜のバスケ部に戻ってきてから、初めての公式試合なんだよな。なにせケガで一度は戦線を離脱しているって聞いちゃってるから、あんなに高く飛んで着地の時に足に負担になってないのかと、むしろ木吉が活躍するほどハラハラしちゃったよ。

この試合でいつもとは違って全く見せ場のなかったのが黒子[ CV:小野賢章 ]だ。今回は見せ場がないというよりも、黒子の力を使うまでもない相手だったって気もするしね。

黒子のバスケ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

|

« WHITE ALBUM2(第3話) | トップページ | 東京レイヴンズ(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58460615

この記事へのトラックバック一覧です: 黒子のバスケ(第28話):

« WHITE ALBUM2(第3話) | トップページ | 東京レイヴンズ(第3話) »