« アウトブレイク・カンパニー(第3話) | トップページ | インフィニット・ストラトス2(第3話) »

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第3話)

「魔人だってことを隠さなきゃいけないのか?」―このフィノ[ CV:田所あずさ ]の問いかけは、フィノがものすごく純粋な性格だって分かっているからこそ、ヘビーな質問だよね。ラウル[ CV:河本啓祐 ]も答えに困っていたし・・。

アイリ[ CV:岩崎可苗 ]がもしもフィノの正体を知ったら・・・どうするだろ?「警備会社に勤めてる」っていうのは、アイリの態度からして何となく嘘が混じってそうだけど、未だに"勇者"としての使命感を持ち続けているのは確か。

しかもライバルだったはずのラウルがそのフィノと和気あいあい働いてるんだから、二人に対して敵対心をむき出しにしてくるんじゃないか?事実を知らない今ですら、フィノとラウルが仲よさそうにしてると随分と機嫌悪いしね・・。

ところで、今回は作画のレベルが一段と落ちてしまっていた。このレベルで落ち着いてしまいそうな雰囲気で、残念だね。

勇しぶ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アスリード

|

« アウトブレイク・カンパニー(第3話) | トップページ | インフィニット・ストラトス2(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/58430329

この記事へのトラックバック一覧です: 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第3話):

« アウトブレイク・カンパニー(第3話) | トップページ | インフィニット・ストラトス2(第3話) »